八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
3月5日はサンゴの日♪ 3935プロジェクト♪
2016/03/08 15:02:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
3月5日はサンゴの日
ということで、3935プロジェクトに組合からも何名か参加してきました

サンゴを守る事も大切ですが、増やす事も大切!
今回はサンゴの植え付けを体験してきましたよ

初の取り組みだったので、どんなことをやるのかワクワクドキドキ

植え付けの方法も2種類あり・・・

まず一つは、沖縄本島の恩納村で用いられている、ひび建て方式!
もう一つは方式名は忘れてしまいましたが北谷方式???

どんなものか簡単にご紹介


まずはひび建て方式から



この土台の上部ににステンレスの針金がついていて、
ペンチを用いながら水中でサンゴを留めていきます。



留め終わったサンゴがこんな感じ



留め終わったサンゴを、水中に打ってあるコップ状の杭に
設置して終了


次に北谷方式???



ひび建て方式より細い筒にサンゴを入れて、粘土で固定します



こんな感じで沢山設置してあります

これがどんどん成長していくと・・・



こんな感じでサンゴがモリモリに育っていました
もう少し成長したら更にどこかに植えつけられていくのでしょうね

今回携わったサンゴちゃん達が自然の力に負けずに、
モリモリ元気に育ってくれるといいですね

トラックバック(0)

リーフクリーニング 2013
2013/05/13 15:38:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
本日は、早朝から大雨・洪水警報も発令されましたが、9時頃には天気も少し回復。
あいにくの空模様ではありましたが・・・



今年も毎年恒例のリーフクリーニング活動を行ないました。
組合加盟店様からの有志で総勢10名集まりました。

皆様、いつもご協力ありがとうございます

このリーフクリーニング活動は、言葉のイメージから水中でのゴミ拾いのように思われる方もいらっしゃるかと思いますが、サンゴ産卵の時期より少し前にサンゴの卵が着床しやすいように卵の通り道、或いは過去にサンゴ礁が沢山あったリーフ上の岩場を金ブラシなどを使用して海藻やコケを取り除き、卵が着き易い環境を作る活動です。



既に一部のサンゴの産卵がG.W.期間中に確認されていますが・・・次の大潮(5月25日)頃がサンゴ産卵の第一候補日として我々は予測した結果、本日リーフクリーニング実施となりました。
水温は、既に25〜26度ありましたので条件的にもいつ産卵してもおかしくない?

場所は、竹富島南のエリア。
今回は2箇所で実施し、それぞれ3区画(1区画=約4?)の計6区画を磨いてきました。

毎度のことながら浅場での作業。
場所が決まれば動かずにブラシでゴシゴシするだけの単調作業なのですが、海況が悪く、うねっていると気分が悪くなったり、身体を支えるために腕が必要以上に疲れるのが毎回難点でした。
がしかーし、今日はうねりもなく良い海況だったのでリーフクリーニング日和



2箇所目は、比較的小さなサンゴが沢山育ってきている場所でしたが、15cm程のオニヒトデも発見
私が竹富島の南側でオニヒトデを見たのは初めてだったのでちょっとビックリしましたが、サンゴがあるところならどこでも居るのかな?と。

1ダイブ1時間程度の作業を2箇所で行い、浮上した頃にはまた
雷も遠くで鳴っている?・・・『はい、帰ろう!』ということで・・・



明日は間違いなく皆様の腕が筋肉痛になることでしょう?

そんなこんなで初めて参加の方もいましたが、無事に本日のリーフクリーニングを終了しました

次回は、過去にリーフクリーニングした場所の稚サンゴの着生状況の確認ですね〜
トラックバック(0)

リーフ清掃2012 第1弾
2012/05/08 17:22:10 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
石垣島は梅雨入りしたと先月末にニュースになっておりましたが・・・雨はほとんど降っておりません。
日差しは完全に夏、これからの時期は紫外線対策必須になります

本日は、サンゴの産卵がちょいちょい始まっているようなので、早速リーフ清掃を実施しました。
場所は、3月に沖縄県よりサンゴ礁保全支援活動事業助成金を受けて取り組んできた竹富島南のポイントへ
お客様よりリクエストを頂き、総勢9名のお掃除隊となりました

3月中頃から訪れる機会が減っておりました・・・やはり岩の表面に藻類はうっすら増えており、お掃除のし甲斐があります



金ブラシで磨き続けるとだんだん岩肌が見えてきましたよ



磨いている場所には直径2cm程のサンゴ(2歳のサンゴ?)もあり、これからサンゴ産卵後にもーっと沢山のサンゴ幼生が着床してくれることを願って止まないお掃除隊です



今回は組合加盟店マリンポイントさんのご協力でリーフ清掃を実施しました。
ご参加頂いたお掃除隊の方々、お疲れ様でした

第2弾も近日中に行う予定です

トラックバック(0)

時化てたので・・・断念
2012/01/25 14:28:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
昨日に引き続き、東京海洋大学の岡本教授の調査に同行してきました

今朝は久々に極寒だったので・・・気合で半乾きのウェットスーツに袖を通し、いざ出発


朝の勢いだけは十分だったのですが・・・予想以上に海が時化てました


調査ポイントまで行ってみましたが、作業するリーフ上は波も流れもあり
本日のサンゴのお勉強は、断念

それでも岡本教授の本業の作業はなんとか終えられたようなので、ホッとしました

今回、岡本教授からリーフクリーニングについての沢山の助言を頂きました
お忙しい中ご協力頂き、感謝、感激です
本当に有難うございました

これからサンゴ産卵までの期間に出来る限りの準備をしていきたいと、改めて思いました




トラックバック(0)

1歳のサンゴ探し
2012/01/24 18:32:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
本日は、東京海洋大学の岡本教授が石垣島までサンゴの調査でお越しになっていたため、海へ同行させて頂き3月から予定しているリーフクリーニングのご指導を頂きました。

当組合で3年前から行っているリーフクリーニングをした場所へ行きました。

私達が行っているリーフクリーニングとは、サンゴの産卵前に金ブラシなどを使用してリーフの海藻やコケを取り除きサンゴ産卵後に幼生が自然着床しやすいような場所を作る活動です。

今日は昨年の産卵後にどれくらいのサンゴが着床したか、専門家の方にチェックして頂くと同時に1歳のサンゴの見分け方をご指導頂きました。


作業している場所はリーフ上なので、今日は超うねっている状態でチェックして頂きました。

教えていただいた1歳のサンゴは、真ん中の昔はサンゴだった所の上にありました。


近寄って上から見てみるとこんな感じ〜。


うねりすぎてて、定規を置いて写真を撮ることは不可能でした


直径1cm程度の↑サンゴを実際に教えて頂きましたが目が慣れないと・・・とてもじゃないけど見分けがつかない位小さく、このサンゴは比較的見やすかったのですが、他に教えていただいてものは普段の目線では完全に見逃すような色形でした。

恐らく稚オニヒトデを探すよりももっとマクロモードの目線でないと難しそうです。

明日も一緒に同行させて頂けるので、勉強してきます

トラックバック(0)


[ 次の 3 件を表示 ]