八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
久々に米原に行ってみたら・・・
2011/11/30 17:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
今日は、風も波もおさまったので、こんなチャンスはこの先冬の間にあるかどうか・・・
予報を見て行くっきゃないでしょ?!ということで米原Wリーフに急遽行って参りました

1本目米原Wリーフの南西のポイントへ。

3週間振りの米原だったので水温も下がったしオニヒトデもあまり活動的でなくなったよね?という願望だけは強かったのですが・・・願いは一瞬で砕け散りました



↑浅瀬の元気なサンゴ周辺に特に集中しており・・・
↓礁斜面のテーブルサンゴの間にもギッシリとオニさん達がつまってます



そしてたった1本のダイビングで船はオニヒトデ満載。



一旦、オニヒトデを陸上へ下ろしに行き、再び米原へ。
今度は、米原Wリーフの西側のポイントへ。

こちらもサンゴがあればオニヒトデもいるといった状況で、1本目よりもかなりオニヒトデ多かったです。
深めの場所から浅めの場所までとにかくオニさん達でいっぱいです




そして2ダイブ終了後の船は・・・案の定、オニ満載


予想を遥かに超えてオニヒトデは増えており、2ダイブで本日は4,000匹超え。

この11月の1ヶ月間で米原Wリーフで捕獲したオニヒトデ総数はまたもや1万匹を超えてしまいました

これから冬に向けて時化て行けなくなることが多くなるポイントなのに、この恐ろしいオニヒトデの量・・・
今シーズンで米原の綺麗なサンゴは消滅してしまうんじゃないか?と懸念してしまうほどです

また明日からは北よりの風が強くなりそうなのでしばらく米原まで行けそうにありませんが・・・
12月も行けるだけ行くという方向でオニ退治向かいます!!

☆米原南西→西のデータ☆
オニヒトデ駆除数:4,055匹
サイズ:約12cm〜45cm
スタッフ:11名
タンク数:2タンク
水深 0.5m〜25m付近
トラックバック(0)

名蔵湾のサンゴも危ない
2011/11/28 17:25:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
何気に名蔵湾は当初の予定に入っていなかったので油断してました。
10月頃から調査がてら入ってみたらオニヒトデが異常にいるので、名蔵湾はこの冬のオニ退治注目エリアです。

今回は、我々の中で通称『デービル村』というポイントでのオニ退治です。



このポイントの特徴は、
(1)毎回オニヒトデが多い
(2)食痕のない場所にもオニヒトデが隠れている
(3)元気な枝サンゴが広範囲に広がっている
・・・ということから油断できない場所になってます。

本当はゆっくり丹念に探す必要があるのですが、平均水深20m前後と深めのダイビングになってしまうのが悩みの種。
ちょうど深い場所にオニさん達が集中しているので毎回駆除する時間にも限りがあります。



繰り返し行く事でなんとか守りきりたいですね

☆名蔵湾のデータ☆
オニヒトデ駆除数:1,535匹
サイズ:約15cm〜45cm
スタッフ:13名
タンク数:2タンク
水深:7m〜25m付近


トラックバック(0)

1週間振りの名蔵湾
2011/11/22 17:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
昨日あたりから急に寒くなってきたので、昼間でも薄着だとくしゃみ連発です
とうとう長袖の上着が必要な時期がやってきました。
水温も25℃台と低くなりつつありまーす

風がもう少しおさまって欲しい感じではありましたが本日は名蔵湾でのオニ退治決行です
このポイントは、あまり他のお店さんに知られていない場所でオニヒトデが異常に多いため、私達の中では『琉神マブヤー』に出てくるキャラクターの『オニヒトデービル』にちなんで<名蔵デービル村>と呼んでます。

10月位からになりますが・・・名蔵湾では急激にオニヒトデ発生中

今月に入って名蔵湾での1タンク当りのオニヒトデ駆除数は益々上昇傾向です

↓サンゴへの影響はかなりのもので、食痕だらけ?




きっとナイトで潜ったらオニヒトデだらけになっているのではないでしょうか?
この冬は名蔵湾で繰り返しオニ退治になる予感がしてます

☆名蔵湾のデータ☆
オニヒトデ駆除数:1,507匹
サイズ:約20cm〜45cm
スタッフ:10名
タンク数:2タンク
水深 7m〜25m付近



トラックバック(0)

不発弾?か?
2011/11/19 17:30:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
今日で5日目の海底清掃です。

毎回ポイントを少しずつ移動し変えながらのごみ収集。
陸上だったら遠くのものも目に見えて簡単に探せますが、水中でゴミを探すのは意外と大変な作業です。

本日は、タイヤやアンカー等のゴミも発見・収集しましたが・・・

なんだか変な物体を発見


最初は運んでみようと頑張ったようでしたが重くて無理・・・何?鉄の固まり?大きなタンク?
水中写真を撮って船長さんにも見せて判断してもらお〜ね〜ということでアンカー等の他のゴミを回収し、一旦船上へ。

写真を元に皆で協議してみましたが、爆弾じゃないか・・・という話でまとまり、それじゃーどこに連絡するの?ということで海のことは海上保安庁でしょうということで即通報しました。

とりあえず、調査してみないとわからない物体なので、何か明らかになるまでこの周辺ではしばらく活動できないということになりました

爆弾を何度も見たことがある人はそうそういないと思いますが、実は前にも見たことあったので画像を見て前見たのと似ていると思い・・・危ない危ない。
水中で見つけた人達の行動を後から聞いて、知らないってすごいかもと怖くなりましたが・・・八重山地区にもあるんだなぁ〜と。
そういえば、何年か前に竹富島に来た観光客の方が手榴弾の塊みたいな石を持ってて飛行機に乗ってニュースになったこととかを思い出しました。

まだ他にもあるのかな?

専門家の方達が調査して、全く違う物体だったという笑い話になったとしても・・・一度爆弾かも?と疑問を持つとかなり緊張しますね

石垣海上保安部HPでも緊急ニュースで情報出てます!
→http://www1.kaiho.mlit.go.jp/TUHO/tuho/cgi/skat/kind.cgi?BUSYO_DISP&1101110084

トラックバック(0)

米原のサンゴ危うし
2011/11/19 16:30:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
昨日から南風に変わったので・・・
急遽、沖縄県事業にて2日間連続で米原Wリーフでのオニ退治を実施しております。

先週も米原Wリーフにてオニ退治を行いましたが、オニさん達は捕っても捕っても繰り返し同じ辺りに現れてはサンゴを食べ、異常大発生は収束する兆しは全くなく・・・むしろ増加?
恐ろしい数がまだまだいるようでこの冬でサンゴがかなり危険な状況になりそうです



◎◎ 米原Wリーフ 東&西 ◎◎
 オニヒトデ駆除数:1,975匹
 サイズ:10cm〜30cm
 スタッフ:7名
 タンク数:2タンク
 水深 2m〜20m付近

早く北風がおさまらないかなぁ
来週石垣島北側の時化がおさまったら、また米原に行きます!!

トラックバック(0)


[ 次の 2 件を表示 ]