八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
待望の注射器!!
2012/05/28 16:24:31 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
本日待望の注射器が届きました

初めて使うわけでもないのですが・・・数を確認しつつ、なんとなく1袋封を開けてセッティングしちゃいました



これが今後のオニヒトデ駆除で、大活躍すること間違いなし



明日から使ってみよう
と思いましたが、酢酸を入れる『マヨチューブ』を入手しないとまだ使えません

・・・容器だけ買うとマヨネーズを買うより高くつきそうだし・・・何度も使うと穴が開きそうなので、完全な消耗品・・・ちょっと悩んでしまってます

トラックバック(0)

またやってきました。。。稚オニ
2012/05/22 16:42:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
本日は、当組合加盟店マリンポイントさんより・・・昨日に引き続き、またもや稚オニヒトデが発見されてます

経験上、稚オニヒトデを探せる目を持っている人はそうそういるとは思えないのですが・・・昨日の発見者も今日の発見者も以前から他の人よりも稚オニヒトデ発見率が高く、冬場のモニタリングでは大活躍していただきました

今日は桜口の水深8m付近から稚オニヒトデがやってきてます。
定規で測ってみたら直径1.8cm位でした・・・意外と大きい。
桜口付近では冬場のモニタリングで沢山発見されていたので、生存競争に勝った残りかな?


今日も懲りずに人差し指に乗せてみました
昨日より大きかった


比較するために昨日の1匹も人差し指に乗せて、ハイもう1枚
比べて見ると色がちょっと違うんですよね〜。
食べ物のせい?



今日から実験対象は、2匹となりました。
あんまり活発に動かないなぁ〜と思い・・・2匹とも裏返して海水の中に放置。
元気な稚オニだとすぐ表に返るのにあまりにずーっと動かないので、蛍光等の光を遮断し薄暗い状態にしてみたら急に活発に動き始めました。
やっぱり夜行性

冬場に捕獲した稚オニヒトデ2cm程の個体を外部のサンゴ調査している方に提供したところ、既に8cm程に成長していると伺いました。
餌は魚の切り身も食べるようで・・・ヒトデは肉食だからわかる気もしますが、オニヒトデの雑食振りには困りものですね。

トラックバック(0)

稚オニヒトデまた発見!
2012/05/21 16:07:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
本日は、当組合加盟店カマンタダイビングクラブさんより稚オニヒトデの情報がありましたので、ブログにUPしてみました。

昨年12月から今年3月までの間に稚オニヒトデモニタリングを石垣島周辺で行いましたが・・・まだまだ探せば出てきそうですね・・・2、3年後にはまたオニヒトデが大発生の予兆でしょうか?

今日はたまたま黒島周辺でのダイビング時にマクロ系を探していたら発見したとのこと。
定規で測ってみましたが、これじゃ〜大きさのイメージが湧かないと思い・・・人差し指に乗せてみました。
↓黒島の仲本ケーブというポイントの水深13m付近で発見


小さくて弱そうに見えますが、比較的綺麗な海水の中であれば餌はなくとも2ヶ月くらいは生きていられることを前に確認しましたが・・・水が濁るとすぐに死にます。
今回も今日から試しにどれくらい生き続けるか実験です




サイズは1.5cmと生後6ヵ月サイズかな?


トラックバック(0)

米原にてボランティア駆除実施
2012/05/20 17:31:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
今週米原Wリーフの東側にまたオニヒトデが大量発生しているという情報を加盟店様より頂いたので、急遽ボランティアでのオニヒトデ駆除を実施することにしました。

ボランティアでのオニヒトデ駆除では、安全面を考慮して今後は酢酸注入による駆除手法を採用していく方針にしたため注射器を注文している最中でしたが、まだ間に合わず・・・今回も環境省様よりお借りして駆除を実施しております。

今日は皆さんお忙しい中、ボランティアスタッフさんは8名集まりました。
毎度のことながらご協力頂き、誠に有難うございます

雨が降りそうな降らないようなハッキリしない天候の中、出航!


ポイントに着いたら雨が土砂降りに一瞬なりましたが、エントリーする頃には雨も止み駆除スタート
今回は今までの酢酸注入の試験駆除等から課題が出ていた面を考慮し、酢酸注射した後に駆除棒でオニヒトデをサンゴから離す、裏返す、個体表面に傷を付ける等、離れた場所からでもすぐにわかるように片手に注射器、もう一方に駆除棒持参というスタイルで駆除作業しております。


目新しいオニヒトデの食痕が予想以上に多く、確実にオニヒトデの再来です


毎回同じところにいることになんら変わりなく・・・
水温はもう26度を超えていたので、オニヒトデの中には既に放精・放卵後?と思われる個体もいました。


そして、2本目に少し南下してみたら・・・ここも多かったです。


深いほうに向かうと・・・あれ?っと首を傾げてしまう光景が・・・大量発生してました


2本目は、酢酸1リットル強もすぐになくなる程の大量発生になっていましたが、ギリギリ足りたようで皆のチューブは完全にペシャンコ状態に

2リットル位あると酢酸がなくなる心配もしなくて良くなるね〜なんて意見もありました。
まだまだ改良の余地があるかもしれません

本日は、8名で2ダイブの酢酸注入によるオニヒトデ駆除を実施し、980匹のオニヒトデを駆除しました。
駆除終了後は、黒い雨雲が接近してきたため、即撤収



当組合では安全対策のためにオニヒトデ駆除の時には必ず下記の物を持参しておりましたが、先月オニヒトデによるアナフィラキシーショックの事故があったこと、また実際問題、オニヒトデ駆除に参加して頂いている方の中のほとんどの方が1回はオニヒトデの毒針に刺されたことがあるという状況のため新たに「エピペン」も常備することにしました。
 ・ポイズンリムーバー
 ・ピンセット
 ・お湯
※今回から
 ・アドレナリン注射液「エピペン0.3mg」


トラックバック(0)

リーフ清掃2012 第1弾
2012/05/08 17:22:10 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 環境への取り組み
石垣島は梅雨入りしたと先月末にニュースになっておりましたが・・・雨はほとんど降っておりません。
日差しは完全に夏、これからの時期は紫外線対策必須になります

本日は、サンゴの産卵がちょいちょい始まっているようなので、早速リーフ清掃を実施しました。
場所は、3月に沖縄県よりサンゴ礁保全支援活動事業助成金を受けて取り組んできた竹富島南のポイントへ
お客様よりリクエストを頂き、総勢9名のお掃除隊となりました

3月中頃から訪れる機会が減っておりました・・・やはり岩の表面に藻類はうっすら増えており、お掃除のし甲斐があります



金ブラシで磨き続けるとだんだん岩肌が見えてきましたよ



磨いている場所には直径2cm程のサンゴ(2歳のサンゴ?)もあり、これからサンゴ産卵後にもーっと沢山のサンゴ幼生が着床してくれることを願って止まないお掃除隊です



今回は組合加盟店マリンポイントさんのご協力でリーフ清掃を実施しました。
ご参加頂いたお掃除隊の方々、お疲れ様でした

第2弾も近日中に行う予定です

トラックバック(0)