八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
大崎ではまだまだ多い様子
2012/10/05 17:29:03 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 オニヒトデ関連
今週2度目となりました大崎に加え・・・本日は名蔵湾でもオニヒトデ駆除です

前回10月2日にミノカサゴ宮殿の浅瀬からスタートし、徐々にハナゴイリーフに近づく形で駆除を進めてきましたが・・・本日は、逆方向で攻めてみました。
1本目、ハナゴイリーフから駆除スタート


オニヒトデはやはり浅瀬のサンゴがあるエリアに集中していました。
残されたサンゴに食痕が目立ちます。

浅場のみの1ダイブ、3名で164匹捕獲しました。

2本目は、1本目から更に東方向に移動して、ハナゴイリーフとミノカサゴ宮殿の間で駆除スタート

こちらも浅瀬のサンゴがある場所にオニヒトデが生息してます。
テーブルサンゴの間にしっかりハマっている状態のオニヒトデは獲るのが難しいですね・・・こんなときは酢酸注射が便利だろうなと思ってしまいます


オニヒトデ達は、恐らくハナゴイからミノ宮にかけての浅瀬のサンゴ礁を集団で行ったり来たりしている様子
こちらも浅瀬のみで50分オニヒトデと格闘し、3名で124匹捕獲しました。
ミノカサゴ宮殿から浅瀬の東に向かって50m程の範囲のサンゴ礁にはオニヒトデの侵入はほとんど見られず、サンゴ良好でした

さて次は、名蔵湾へ移動〜ダルマの根でオニヒトデ駆除を行いました。
9月初旬に調査を行ったときには15分でオニヒトデ2匹のみを目撃しましたが・・・台風後どれだけ増えているか?
メインの根の周辺の残されたサンゴには以前よりも新しい食痕が増えてます。


そして、オニヒトデも予想以上に増えておりました。


こちらでは1ダイブ3名で63匹捕獲しました。
本日は、3名3ダイブで合計351匹とまだまだオニヒトデは減っていないなという結果でした。



今週はクリーンセンターに毎日のように向かってて・・・すっかり常連です。
オニヒトデの搬入は平日のみの16時までなので、最近は駆除の度に帰港の時間がとっても気になってます

以前16時までの搬入に間に合わなくてバケツに入れたほんの30匹程をビニールで頑丈に封をして事務所内に放置し翌日出社したらものすごい悪臭で数日苦しめられることになりました。
オニヒトデの臭いは、換気してもすぐには消えません。消臭スプレーをしてもほのかに臭ってます。
今年になってかれこれ3回ほど悪臭体験をしているので、少しの臭いでは全く動じなくなってしまい。
最近そんな自分が怖いです
考えてみたら昨年オニヒトデを受入してくれてた堆肥センターは、日曜と年末年始以外は営業しており時間も17時までだったので、非常にありがたい存在だったなとつくづく思うのです。

※この事業は、平成24年度サンゴ礁保全活動支援事業として沖縄県の支援を受けています。
トラックバック(0)