八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
第8回JA肥育部会枝肉共励会(表彰式・懇親会)
2008/12/08 14:27:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JA石垣牛セリ情報

     第8回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会(表彰式・懇親会)が当日の19時より、全日空ホテル真栄里の間でおこなわれました。
今回も恒例の二升五合の(泡盛)枝肉写真入りの記念品を、受賞者と購買者へ準備いたしました。昨年までの記念品は八重山ミンサー織のかりゆしウエアーを行っていましたが、記念ボトルの方が飾り物にもなり記念にのこることから毎回行うようになりました。また、記念ボトルの最優秀・優秀・優良の3賞をめざして生産者にも頑張ってもらいたいです。 肥育技術の向上もよろしく。
 

 
  



コメント(0)
トラックバック(0)

第8回JA石垣牛肥育部会石垣牛枝肉共励会結果
2008/12/08 13:33:53 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JA石垣牛セリ情報

    去った126日(土)に第8JA石垣牛肥育部会主催による「石垣牛」枝肉共励会が午前11時より八重山食肉センターで行なわれました。セリ開始前にセレモニーが行われ主催者を代表し部会長の仲大盛吉幸さんがあいさつを行いました。引き続き石垣牛の枝肉セリが行われ、威勢の良いセリ声とともに12頭の出品牛が次々にセリにかけられた。また、全国的に消費が冷え込むなかJA石垣牛を取引して頂いている購買者のおかげで、高値取引して頂きました。本当にありがとうございました。

成績につきましては、最優秀賞に牛種子牧場さんの牛で父に副栄、祖父に平茂勝、曾祖父に谷秀。枝肉重量440?、ロース面積52?、バラ厚7.5?、皮下脂肪1.9?、肉の霜降り度を示す BMS6、等級A4。販売価格は税別で(1?2,950円)取引先に地元のいしなぎ屋が競り落としました。

優秀賞に、比嘉豊さんの牛で父に福栄、祖父に平茂勝、曾祖父に神高福。枝肉重量406?、ロース面積49?、バラ厚7.7?、皮下脂肪2.0?、BMS6、等級A4。販売額は税別で1?2,810円)取引先は地元の金城冷凍食品が競り落としました。

優良賞は、小波本英行さんの牛で父に照美、祖父に安福1659、曾祖父に糸晴波。枝肉重量471?、ロース面積53?、バラ厚7.2?、皮下脂肪2.8?、BMS6、等級A4。販売額は税別で1?2,800円)取引先は地元の金城冷凍食品が競り落としました。

今回の第8回の共励会は12頭中8頭が上物(特選)で上物率66%とまずまずで、枝肉重量でも平均が443.8kgでした。同時に平均価格も1018,519円(1?2,225円)と素晴らしい結果となりました。今回の結果はA-5が出ず残念でしたが、購買者にとっては販売しやすい枝肉または、消費者によろこばれる枝肉であったように思えた。毎回の共励会ごとに結果が出てきています。20年度の部会の共励会は終わりましたが、1年を振返って本当に購買者の皆さんありがとうございました。

JA石垣牛肥育部会の部会員におかれましても、来年の一般出荷をはじめ各共励会の成績が良くなることを期待しています。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

第47回農林水産祭・天皇杯受賞
2008/12/03 09:05:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


JA
石垣牛肥育部会員の多宇司さんが、沖縄県内初の天皇杯を受賞いたしました。

東京で去った1123日に第47回農林水産際の優秀農林水産業者表彰式が、東京・代々木の明治神宮会館で行われ、畜産部門(個人の部)で天皇杯を受けてきています。

多宇さんは、父親の経営する農業(サトウキビ10?および肉用牛30頭)に就き、87年の経営移譲後は、肉用牛繁殖専業へ転換した。多宇さんは夫婦二人三脚で着実に規模拡大し、現在では黒毛和種繁殖雌牛142頭を放牧草地28.2?で周年放牧により軽労・省力化を図り分娩間隔12.3ヶ月、繁殖牛1頭当りの診療・医薬品費2,740円という健全で健康な子牛生産を行い、高い飼養技術による高価格子牛販売を行っている。また、以前より肥育牛にも興味をもっていたため、4年前より肥育牛生産もスタートしJA石垣牛肥育部会員の一人として頑張っています。今後は肥育牛一貫体制で地域ブランド「石垣牛」生産にも貢献していきたいと、天皇賞に恥じないよう今後も頑張りたいと喜びをかみしめていた。

 

【今回多宇司牧場、自宅にて撮影してきました。】



コメント(0)
トラックバック(0)