八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
住戸計画と内外デザイン
2011/05/31 14:09:35 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
入居者確保のポイント

1 相場より家賃が安い
2 買い物に便利 (ショッピング、銀行等が近いなど)
3 設備が充実している

上記の3つのポイントがあります。

外部デザインのポイント

1 物干し金物などベランダの手すりの内側につけることで洗濯物が
  直接外部からみえないようにする。
2 クーラーの室外機を目立たない位置に設置する。
3 壁面に出窓を付けたり、小屋根を設けたりして変化をつける。

エントランスのデザインのポイント

1 壁面や天井に変化をあたえる。
2 植栽を多く取り入れ、ライティングする。
3 防犯カメラを設置。

内部デザインのポイント
 
1 可能な限りLDKの天井を高くする。
2 台所のタイルは色目地にすると汚れが目立たない最近ではキッチンパネルが人気。
3 浴槽に換気乾燥機を取りつけるとカビの防止にもなる。
4 インターネットを常設しない場合は将来にそなえて、各室に空配管を通しておく。
5 ガス漏れや火災、および侵入者に対する警報セキュリティの設置。
6 部屋の仕切りをフリーにして、使い方にフリキシビリティーをもたせる。

 などがあります。 

この先、アパート・マンションを建築予定の方は参考にしてみては


トラックバック(0)

台風対策
2011/05/27 16:48:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
台風2号が接近しております。

本日は台風対策で、立て看板の撤去を社長とヨシミがしております。(ご苦労様です)

アパートにお住まいの皆様も、風が強くならないうちに台風対策して下さいね。

部屋に雨戸がついてない方は、ベランダにある物はなるべく部屋の中に入れて下さい

強風が予想されますので、とばされないようにお願いいたします。

テレビの映りが強風の影響で悪くなる事があるかと思いますが・・・・対応いたしますので、

連絡して下さね
。(もちろん台風が去ってからですよ













トラックバック(0)

駐輪場の付置義務
2011/05/24 16:08:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

賃貸マンションなどでは、駐車場に入りきれない自転車

は放置されているケースが多く見られますが、マンションの

イメージが悪くなり、賃料の低下につながってしまう事になります。

これから、マンション等の建設を予定している皆様もぜひ

参考にしてみて下さい。

トラックバック(0)

建物面積のいろいろpart2
2011/05/23 15:32:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


   延べ面積を100とした場合の各種建物面積
専有床面積 容積対象床面積 延べ面積 施工床面積
戸建住宅   100     100   100  110〜120
オフィスビル  70〜90 *1  80〜100 *1   100  105〜110
店舗ビル  70〜90 *1  80〜100 *1   100  105〜120
マンション  85〜100 *2  90〜100 *2   100  110〜135
   *1 駐車場がある場合は小さくなる。
   *2 駐車場が屋内にあるとさらに10〜20小さくなる。


専有床面積 室内の面積の合計
容積対象床面積 容積率対象の床面積
延べ面積 建物の各階の床面積の合計
施工床面積 建築する面積全てを合計したもの

 
  * 延べ面積:建物の各階の床面積の合計。但し屋外に有効に
    解放された(隣地より1m以上離れている場合で、東京都では
    50でよい)外廊下や屋外階段・通行用のピロティ・ポーチ・出
    窓・地下受水槽室などは除かれる。

  * 共同住宅の場合、共用廊下・階段・玄関ホールやエレベーターホール
    などの共用部分については、全て延べ面積には算入されても、容積率
    の算定の対象床面積からは除外される

 例  土地面積100坪    (容積率200%の地域) 建築費単価¥60万円(坪あたり)だとすると
    
          200(坪)×60万円=1億2000万円とイメージするが
 
           
        実際には、玄関やホール・廊下は容積対象の面積にはカウントされない
   現実には1割アップの220坪位の建物が建てられる

          220(坪)×60万円=1億3200万円の建築費の上限イメージになる。

         
  
  屋外・屋内を問わず建築する全ての面積の合計が施工床面積である
  上記の例の220坪の建物がマンションなら施工床面積は280坪位になる
  可能性は大である。
     
  例の工事費が1億3200万円としても施工床面積で考えると

        坪47万円×240坪(施工床面積)≒1億3200万円         


  同じ建物なのに、見かけ上の坪単価が60万円から47万円に下がってしまいます。
  このようなトリック・・・・・・ 新聞広告など注意して見るとわかります。


  坪単価があまりにも安い場合は何の面積なのか問い合わせてみる事が必要です。      
 

トラックバック(0)

建物面積のいろいろ
2011/05/21 12:14:50 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


地価に一物四価(時価・公示価格・路線価・固定資産税評価額)がありますが
建物面積にも一物四面積があります。

建物の大きさを示す面積には、専有床面積・容積対象床面積・延べ面積・
施工床面積の4種類があります。

建物の大きさは変わりませんが、面積の数値が違うので、気を付けなければ
いけません


トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]