八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
西表ツアーに参加♪
2006/09/29 13:05:38 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 実家から母・祖母・叔父が遊びに来て、西表島に連れて行けー、と言いました。
西表島は住んでいたこともあるのでレンタカーでまわろうかとも思いましたが、良い機会なので、西表島観光センターさんの「仲間川・由布島とうみえ〜る」に申し込みました。
ということで、ツアーレポートをば(^◇^)

【8:15】送迎の車でホテルを出発。港の事務所で手続きをして、行程に沿って切り取っていくタイプのチケットを受け取ります。

【8:50】石垣港を出発!40分弱の航行の後に大原港に着くと、参加コースごとにお迎えのバスに乗り込みます。

*感想*年中モコモコとした深緑色に覆われている西表島ですが、台風の影響ですっかり潮枯れしてしまっており、ちょっと残念でした(←石垣もそうなんですが・・・)。
ドライバーガイドのイバさんの解説もすごく丁寧でおもしろく、八重山住民の私でもへぇ〜っと思うところもありました♪

【10:10】仲間川の遊覧ボートに乗船。30分ほどかけて7km上流まで上って下船、樹齢400年のサキシマスオウの木を見学して、再びボートで下ります。

*感想*仲間川のマングローブ林も根こそぎ倒れているヒルギがあちこちにあって痛々しい感じでしたが、サキシマスオウの木がご無事で良かった!
しかし、サキシマスオウの木のまわりの通勤列車ばりの人口密度にはちょっとびっくり。。。

【11:30】美原地区で水牛車に乗り換え、対岸の由布島へ渡ります。
植物園になっている由布島内でフリー散策タイムをとり、また水牛車で美原へ戻ります。

*感想*由布島の植物園も、花はみんなやられていましたが、近くで見ると新芽を出して復活しようとしている木がたくさんあり、生命のたくましさを実感しました。
気はやさしくて力持ちの水牛君たちの引く水牛車で、おじぃのおかしなトークと三味線を聞きながら渡る海は、ゆるーい南国感たっぷりです。

【12:50】海一望のレストランたかなで総郷土料理の昼食。
黒紫米のごはん・ぐるくんのマリネ・ミミガー・ゴーヤちゃんぷる・アンダースーwith長命草・ゴーヤの味噌漬け・パパイヤの煮物や佃煮・アーサ汁にゴーヤ茶。

*感想*ツアーのお客さんでいっぱいでしたが、清潔感がありました。
郷土色にこだわったメニューと詳しい解説で、好奇心旺盛なうちのおばーちゃんは、大喜びでメモを取っていました。
食後には目の前の浜に出て、各々たそがれたり、貝がらを拾ったり・・・この時間はグーです。

【14:15】大原港に戻って「水中観光船・うみえ〜る」に乗船。
パナリ沖まで15分ほどは甲板でクルージングを楽しみ(トビウオも見れました♪)、サンゴ礁のポイントに到着したら一同下層の潜水室に移動。
潜水室ごとぐぐーっと下がると、水族館のように海中の景色が現れます。
解説つきで、30分ほど海中見学をした後は、再びデッキでのんびりと海の上の景色を楽しみます。

*感想*私も初体験のうみえ〜る!
座ったまんまで、パナリ沖に広がるサンゴ礁やたくさんの小魚を堪能できて、おばーちゃんもとっても喜んでくれました。
ヨカッタヨカッタ♪

【15:30】大原港を出発。石垣港から送迎車でホテルまで送っていただき、ツアー終了。
お疲れ様でした♪

*感想*今回は、83才のおばーちゃんを連れての参加でしたが、由布島以外はほとんど歩くところもなく、忙しい行程もなく、楽しくまわって来られました。
シュノーケリングやダイビングはできないけれども、八重山のサンゴ礁を見てみたい!という年配の方や小さなお子さん連れの方には、うみえ〜るはオススメだと思います!

ツアーでお世話になった皆様、どうもありがとうございました!!

ホテル日航八重山
http://www.nikko-yaeyama.com




uppic uppic

コメント(0)
トラックバック(0)