八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
闘牛
2006/05/27 15:45:49 書庫 スタッフ便り一覧
uppic ベランダで洗濯物を干していると、賑やかな音楽を撒き散らしながら、何やら宣伝カーが。
よく聞いてみると、29日に八重山闘牛場で行われる闘牛大会のお知らせでした。

闘牛といえば、宇和島や徳之島のイメージですが、沖縄でも闘牛がさかんで、季節の行事やおまつりに合わせて闘牛大会が開かれます。
石垣島にも、八重山闘牛場(日航近く)と轟闘牛場(白保)の2つの闘牛場があって、それぞれが年に数回の闘牛大会を行っています。

私はどちらも行ったことがありますが、ナイターで見た八重山闘牛場の方がじっくり楽しめました。
だって、昼はモーローとするほど暑くて、あんまり覚えてないんだもん。

勝負は、戦意を失った方が負け。
最初から気合が入らず、10秒で終わることもあれば、30分間勝負が続くこともあります。
横綱戦ともなると、1トン近い巨体と巨体が、目を血走らせてうなりながら角を突き合わせる迫力はモチロンですが、他にも見所がたくさんあります。

まず、「アリヒャー!!」「ヤーサイ!!」など叫びながら、牛をたたき、地面を踏んで牛を鼓舞する『勢子』の動き。
場内に何人もの闘牛士が控えていて、かわるがわるに牛につくのですが、上手な人は牛に劣らぬ迫力で、カッコイイ♪

一勝負がついた幕間には、ステージでバンド演奏が始まります。
場内をまわる勝利牛の背中では、牛主の子供が喜びのモーヤー(カチャーシー)を舞ったりします。
これがまた堂に入っていてミョーに上手だったりして、なんとなく笑えるのです。
取り組が進むにつれて、『牛の背で舞いたがる子供』がドンドン増えて、横綱の背中にはかわるがわる子供が乗せられて、もう闘牛なんだか動物ふれあい広場なんだかわからない様相を醸し出したりします。
子供がノビノビ育つ土壌を、ここに見たという感じ。

進行席からのアナウンスにも注目。
フツーに取り組の解説かと思いきや、だんだん熱くなってきます。
「○○君、もっと牛の頭につきなさいよ」
「その牛はつかめるよっ。あがやー、何してるかっ」
などと、名指しで指示を出したりしはじめ、牛よりも気になってしまったりします。
そのリアルさとローカルっぷりは、ツボでした・・・。

明日(28日)には轟で昼の闘牛大会が、あさって(29日)には八重山闘牛場でハーリー前夜祭のナイターが行われます。
29日の八重山闘牛場の前売りチケットは、ホテルのツアーデスクでも扱っていますので、興味のある方は、ゼヒどうぞ。



ホテル日航八重山ホームページ
http://www.nikko-yaeyama.com





uppic uppic

コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。