八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
高校生市場...
2007/06/29 21:55:05 書庫 全般
uppic 八重山の産業まつり開催まであと8日!
八重山の産業まつり特設サイトへ


例の東屋...なんとか、明日の式典に間に合いそうです。。。

いや...間に合うように造った...と言った方がいいのかも...(uu#)

さて...『高校生市場』です。

『八重山の産業まつり』の来週末開催に控え、私が担当している高校生市場の方も、内容が充実してきましたので、高校生市場への集客アップに向けて、マスコミの取材を受けて頂きました。

今回の『八重山の産業まつり』で、八重山JCが、この『高校生市場』を企画するに至った背景は、間もなく社会に出て行く高校生達に、八重山の実体経済の場を経験して頂き、起業家精神を養い、将来の八重山の地場産業の発展に貢献してもらう人材育成研修プログラムの一環です。

この企画では、参加した高校生達に、臨時架空企業を設立させるとともに組織を編成させ、新規事業立ち上げの際に、その動機と目的、内容を明文化した事業計画書の作成に重視しております。

今日...これまで行なってきた会議で積み上げてきた内容を、事業計画書としてまとめてきておりましたが...とても素晴らしい内容でしたので、ここでみなさんに紹介したいと思います。

...高校生達だけで、考えてきた事業計画書ですよ。

○事業名:フレッシュパーラー『スムージ』

『スムージ』とは、果実や野菜をミキサーにかけた飲料、新鮮な果物を丸ごとギュッとクラッシュした、濃厚なフルーツ飲料のこと。

○創業の動機と目的

普段、授業(高校の)では、あまり取り組む機会のない商品の値段のつけ方、商品開発の仕方、事業の起こし方、商品を販売する為の手続きなどの体験学習を、生徒自ら取り組む機会を得るための方法として、(八重山の産業まつり会場での)喫茶店営業に視点をあてた。

このため、地元経済への理解を深める為にも、石垣島で取れる果物・野菜を利用し販売することで、地産地消の考えを多くの人に広めていきたい。

○事業内容

****省略*****

○事業戦略

・産業まつり会場となる運動公園内屋内練習場付近に出展する店舗周辺は、飲食関係の出展が多く、その為、差別化を図る方法のひとつに、地元産の果物・野菜を使用した搾りたてのフレッシュジュースを提供する。

・地元の食材にこだわり、仕入先(果物・野菜の)についても、石垣島の農家から直接仕入れ、食の安全性にこだわる。

・他...これ以上は企業秘密です。

以上の事業計画となっておりますが、私が一番感心したのが、この後に続く収支計画書の方...収支計画書はここで紹介することが出来ませんが、果物・野菜のキロ単価を幅広く情報を集め、綿密な原価計算のもとにはじき出された販売単価...そして販売目標額と損益分岐点の算出...

この収支計画書があれば、実社会で事業を起こしても大丈夫ですね。

実は、これまで私達と積み上げてきた会議でも、この収支計画に重点をおいて行なってきました。

...その会議で積み重ねてきたものが、こうやって高校生達の手で完成度の高い計画書として出てきたので、とても嬉しかったです。

7月7・8日開催の八重山の産業まつり...是非、高校生市場に足を運んでくださいね。


uppic uppic

コメント(0)

東屋を建築中...
2007/06/28 01:09:29 書庫 全般
uppic
八重山の産業まつり特設サイトへ

名蔵湾沿いの県道79号線にあるパーキング内に、市民の皆様や観光客の皆様の憩いの場となる『東屋(あずまや)』を建築中です。

これは、私が勤務する会社の副社長が会長を務めている『八重山ライオンズクラブ』の、創立45周年記念事業で、完成後...道路管理者である沖縄県に寄贈するのだそうです。

建築確認申請や石垣市の景観法に基づく届出、管理者となる維持管理班との手続き等々で、着工が遅れに遅れ...今週末の6月30日(土)の式典に間に合わせての突貫工事...

着工したのが、先週木曜日なので、わずか...10日間の突貫工事です。

私の現在の担当する業務は、営業全般、住宅事業全般なんですが、うちの技術者が他の現場で出払っている為、私が現場管理をすることに...

...昨年に引き続き、『45周年記念事業』という呪縛から逃れられない身土不二です。

この東屋...木造のプレカット材で建設しているのですが、やはり...コンクリート製の偽木なんかに比べ、味わいがありますね〜 

それにしても...この突貫工事で、朝8時から夜8時まで...日中の灼熱地獄の中で、黙々と作業をしてもらっている、我が社の住宅事業部(木造住宅)の職人さんたちには、本当に頭が下がる思いです。

突貫工事をお願いしてもらっている為、私も...現場に掛かりきりなんですが、管理だけしてても、この暑さで、フラフラになってしまうのに、職人さんたちの体力は超人並みですね。。。

6月30日まで...残り2日半...意地でも完成させるぞ45執念事業の東屋...

完成を楽しみにしてて下さいね。


uppic

コメント(0)

不発弾処理についての...
2007/06/27 23:18:36 書庫 全般
uppic

昨日は、石垣島内で見つかった不発弾の処理を、陸上自衛隊 第101不発弾処理が行なったことから、陸上自衛隊 第101不発弾処理隊の隊長、長屋圭三2等陸佐が講師となる、不発弾処理についての研修会に参加してきました。

先の大戦で、日本国内に撃ち込まれたり落とされたりした連合国軍の砲弾や爆弾の総トン数は、約37万トン...その内の半数以上の約20万トンが、わずか数ヶ月の沖縄戦で、沖縄各地に撃ち込まれたのだそうです。

...鉄の暴風雨と言われる所以ですね。

その内、約5%が何らかの理由で、爆発しなかったりする不発弾となるのだそうです。

沖縄に撃ち込まれた20万トンの5%...1万トン

沖縄戦終結後、地表に出ていたり見つかりやすい場所にあった不発弾は、進駐してきた米軍によって処理され続けてきましたが、その後...本土復帰後は、陸上自衛隊 第101不発弾処理隊が、その危険な任務を引き継いでおります。

第101不発弾処理隊が、年間処理する不発弾は、約30トン...沖縄県内には、まだ2,500トン以上の不発弾が残されていると言われていますので、沖縄県内の不発弾を処理する為には、あと...100年程掛かってしまいますね。

今も県内の至るとこに眠っている不発弾...第101不発弾処理隊は、日々...24時間体制で、不発弾の発見通報→処理の即応体制が取られているのだそうです。

よく新聞やTVで見かける不発弾は、表面が錆付き...すでに爆弾としての機能は失われているかとのように思えますが、火薬というものは、それを囲う外郭が錆付いて劣化していても、火薬自体は、その機能を失っておらず、非常に危険なんだそうです。

...というのも、爆弾や砲弾というものは、着弾後...その衝撃で、信管が働き、爆発する仕組みになっていますが、不発弾というものは、何らかの理由で、信管が作動しなかったものです。

不発弾が発見されるという状況は、工事現場などで、ユンボが土を掘削している最中に、ユンボのバケットが、その不発弾を叩いて発見されるというケースが殆どです。

ユンボのバケットが触れる...叩くということは、その不発弾に、着弾時のような衝撃を与えるということですので、何らかの理由で作動していなかった信管が、その衝撃で、作動する可能性が高いのです。

...長屋隊長が言うには、その場合は、急いで、半径200M以上離れて非難することなんだそうです。

そして...特に八重山の皆さんに注意してほしい爆弾があるのだそうです。

それは...『長延期信管』が付いた爆弾なんだそうです。

この信管が付いた爆弾は、その名の通り、着弾してすぐに信管が作動するのではなく、1日から最大6日後に爆発する爆弾なんだそうです。

この爆弾は、米軍が上陸するような場所には使用しない(自ら被害に合う可能性がある)為、八重山や宮古に多く使用され、特に現在工事中の『新石垣空港』の近辺は、昔...海軍の飛行場があった為、この爆弾の不発弾が、たくさん眠っている可能性が高いのだそうです。

この不発弾の怖いところは、衝撃を与えて信管が作動しても、すぐに爆発せず、最大で6日後に爆発する可能性もあることから、不発弾と判っていても、数日間爆発しないので、安心して、近くに寄ったときに爆発する可能性があること...そして、いつ信管が作動したのかも判らないことです。

昨夜、不発弾処理を行なった第101不発弾処理隊の若い自衛官と一緒にお酒を飲んだのですが、彼が言うには...

『長延期信管の不発弾の処理の際には、必ず遺書を残していく...初めて長延期信管の不発弾処理を行なったときは、いつ信管が作動したのかが判らないため、膝が震え、生きた心地がしなかった...』

...のだそうです。

命がけ...ホント、命がけという言葉そのものですね。

数ヶ月前、石垣市議会で、新空港の工事現場で不発弾が発見される可能性が高い為、不発弾処理隊を石垣に駐屯させるべきだという意見書が上程されましたが、その理由は、この長延期信管が付いた不発弾が多いということからだったんですね。

不発弾が発見された後、専門化が、それが通常の信管が付いた爆弾なのか、長延期信管が付いた爆弾なのかを即、見極める必要があるのですが...石垣市議会は、賛成少数で否決しちゃいました。

反対した議員さんは、不発弾のことをちゃんと調べて反対したのでしょうか...それとも、...ただのイデオロギーで?

この長延期信管が付いた不発弾の他にも、空気に触れただけで燃え上がる『黄燐(おうりん)』を使用した不発弾があり、消化するには、空気を遮断するしか方法がないという恐ろしい爆弾があることも知りました。

とにかく...とても勉強になった研修会でした。

第101不発弾処理隊 長屋隊長の講演のあとは、急患輸送業務を行なう、第101飛行隊 隊長 印口岳人2等陸佐の講演...それは、また後日...

*上記記事に誤りがありました。

不発弾処理隊の石垣島駐屯の件で、石垣市議会が否決したと書きましたが、賛成・反対同数で、議長採決で可決され、要請を行っております。



コメント(0)

経営開発講演会?
2007/06/24 23:44:17 書庫 全般
uppic

昨日、6月23日は、62年前...沖縄において、日本軍と米軍の組織的戦闘が、多くの県民の犠牲を伴い日本軍の玉砕で沖縄戦が終結した記念日...慰霊の日でした。

灼熱の太陽が照りつける中、沖縄本島糸満市摩文仁の平和記念公園で毎年恒例の追悼式が行なわれた他、各地で追悼式が行なわれました。

石垣でも、戦争末期...沖縄侵攻を目指す米軍が、先に八重山を侵攻するのでは...という憶測から、八重山の住民は、日本軍の命令により、石垣島北部や西表島等のマラリア有病地へ疎開させられ、3,000名以上の方々が、マラリアで亡くなった『戦争マラリア』犠牲者を追悼する式典が、バンナ公園内の慰霊碑の前で行なわれました。

正午...石垣港に停泊する船舶が一斉に鳴らした汽笛と共に、私も、黙祷を捧げました。

沖縄戦、八重山戦争マラリアで亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。

しかし...今日の八重山毎日新聞の記事の見出しに『憲法改正に危機感』とか、パチリ・チクリのコーナーでのコメントは...

○集団自決歪曲に米軍艦寄港、『慰霊の日』平和の祈りむなし。

○防衛省格上げに憲法改正に動く安部政権。過ちをまた繰り返すのか。

○戦争マラリアは誰の責任!国は本当に無理解軍命は二度と使うな。 ・・?・・

『しんぶん赤旗』か...と思うようなコメントがづらり...

○慰霊の日を、参議院選挙前のプロパガンダに利用するな。 by 身土不二

さて...経営開発講演会?です。

一昨日..6月22日、八重山JC経営開発委員会主催による経営開発講演会第2弾、『企業が元気になるために』 〜成功事例と失敗事例〜 が開催され、『(有)経営サポート』の神谷社長による講演が開催されました。

『(有)サポート』の神谷社長は、沖縄銀行法人融資部、審査部勤務で、多くの県内企業の経営を指導し、平成16年に沖縄銀行を退職した後に、現在の企業コンサルタント会社を設立..沖縄県中小企業再生支援協議会の企業再生チームの一員として、また...多くの県内企業の経営をサポートしています。

講演は、企業が実際に経営破綻に追い込まれていくまでの事例や、経営危機から再生した企業の事例...神谷氏が銀行勤務時代に経験した、現場の生の話をして頂きました。

...以前、NHKで話題となったドラマ『ハゲタカ』で柴田恭平が演じた銀行マン→経営コンサルタントを地で行なっている方なんですね...

企業経営という、未知の大海原を小さな船で航海する若き経営者にとって、これから遭遇するであろう困難をどのようにして乗り越えていくかという大きな気付きになった勉強会でした。

今回の講演会を企画した経営開発委員会委員長の『喜納君』...今や八重山関連の情報サイトで最も有名な『八重山島風』を主宰しており、この度...ニュースサイト『八重山経済新聞』を立ち上げるそうです。

大手、地域既成新聞社や地域情報誌では出来ない、地域の情報、ニュースを配信する『みんなの経済新聞ネットワーク』 の一員として、参加するのですが、この石垣島で、全国..26番目のニュースサイト経済新聞としてスタートします。

すでに、このネットワークのシブヤ経済新聞、アキバ経済新聞等が有名ですが、沖縄県では、那覇経済新聞に次いでの開局となります。

地域経済の活性化、産業振興に繋がるニュースサイト『八重山経済新聞』の開局...とっても楽しみですね。

八重山経済新聞 URL http://yaeyama.keizai.biz/   *まだ閲覧は出来ないようです。

 



コメント(1)

JCが委託研究費を辞退...
2007/06/22 01:33:25 書庫 全般
uppic

先日、石垣で講演をして頂いた『ヒゲの隊長 佐藤正久』氏の著書、『イラク自衛隊戦闘記』が届きました。

石垣での講演会の場でも販売する予定でしたが、前日に行なった那覇での講演会会場で売り切れになってしまい、石垣では予約注文となってしまいました。

あの講演会の感動を...本を読んで思い出してみたいと思います。

しかし...先日紹介した、麻生幾の本『瀕死のライオン上・下』...やっと下巻の半分まで読んだところなので、佐藤氏の本は来週かな...ダーマツ君から頂いた、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の原作も読まなくてはいけないし...

でも、『瀕死のライオン』...面白すぎ。

JCが委託研究費を辞退へ 愛国心育てるDVDに批判

国を愛する心をはぐくもうと日本青年会議所(JC)が作成し、文部科学省が指定した委託研究事業に含まれる「近現代史教育プログラム」について、JCは20日、文科省から支出される予定だった委託研究費を辞退する方針を明らかにした。文科省によると、委託研究費の辞退は過去に例がない。

プログラムの内容に、各地の共産党系議員などから「戦争を賛美している」との批判が相次いだためで、JCは「多くの誤解を受けているが、(委託研究費を受けることで)さらに誤解が広がるのを避けたかった」としている。

プログラムは中学生を対象としたもので、最初にJC作成のDVDを鑑賞した後、グループディスカッションで愛国心や平和の尊さなどを学ぶ内容。DVDの中で「大東亜戦争は自衛のためだった」とする場面があることなどから、共産党系議員などが各地の教育委員会にDVDの使用停止を求めていた。

プログラムは今年3月から一部の中学校で使用されており、来年3月の終了時点で委託研究費約130万円の支出を受けることになっていた。

産経WEB(2007/06/21 10:37)

...という記事が、産経新聞に掲載されていました。

日本JCが製作したアニメ『誇り』が、国会で共産党の議員が非難していたこと、その後...朝日新聞に掲載され某巨大掲示板でも多くのスレッドがたっていた事などを、このブログでも紹介しました。

また...この件に関しては、昨年の八重山JCの45周年記念式典で記念講演をして頂いた、敬愛する『佐藤守閣下』が、ブログでもコメントしています。

共産党議員から非難があった後に、日本JCから正式コメント等も出ており、私自身...その正式コメントの通り、正々堂々と事業を遂行して頂きたいと思いましたが、今回...文科省からの委託費辞退ということで、かえって別の誤解が生じるのでは...と思いました。

アニメ『誇り』の内容に対し、声の大きな方々からの批判が出るのは覚悟の上だったと思いますが、逆に...その運動を支持していたサイレントマジョリティーからの期待に、今後..どう応えていくのだろうか...

昨年...憲法記念日の地元新聞の特集で、私が憲法改正の立場で、護憲の立場の方と、新聞の紙上討論をさせていただいた数日後...石垣市の幹部の方が、「サイレントマジョリティーは、あなたの意見を支持していますよ」と耳元で声をかけて頂いたのですが、今回の日本JCの運動にも、戦後レジームからの脱却を期待していた多くの方々がいたと思います。

その方々からの期待に、日本JCは応えて頂きたいと思います。

ちなみに...サイレントマジョリティーとは、『物言わぬ多数派』という意味で、多数派であるにもかかわらず意見を言わないために言説空間において少数派にとどまっている人々を指しています。


八重山の産業まつり特設サイトへ


コメント(0)


[ 次の 5 件を表示 ]