八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
石垣市風景計画
2008/01/29 23:41:01 書庫 全般
昨夜..八重山JC地域創造委員会主催で、石垣市が昨年策定した「石垣市風景計画」についての説明ならびに、石垣市の風景つくりへの考え方などを勉強する事業が開催されました。

会場には、多くの市民の方々も来ており、開発が進む石垣島の今後について市民の関心の高さを伺わせました。

今回は、石垣市の風景計画策定の中心となっている、石垣市都市計画課の玻座真係長が説明を行って頂きました。

(...玻座真係長は、私の中学・高校の先輩です。。。)

石垣市は、過去...開発の波に晒される度に、開発を抑制する法の網を被せたり、条例を策定したりしていました。
今回の「石垣市風景計画」も、ここ数年の開発ラッシュを受けて...それを抑制するという意味合いもあるとは思いますが、それ以上に...将来に向けて、都市も魅力ある島にしていこうという意味合いが大きいようです。

メディアでは...開発を抑制する...という意味合いばかりがクローズアップされていますが、そればかりを注目してしまうと...『賛成』・『反対』の構図ばかりが生まれ、石垣市が本来意図する『魅力ある景観づくり』とは違う方向に行くのでは...という考えもありましたが、玻座真係長の説明を聞くと、そうではない事がわかり、少し...ホッとしました。

実際...石垣市の風景計画の策定、国定公園編入等(...良いことではあるんですが)等により、誤ったメッセージが発信され、島外からの投資が、宮古島に流れていっている現状もあるので...

...石垣市は、経済の中核は「観光産業」です。

観光は水もの...と言われるように、変わり映えのない観光施設ばかりだと、どうしても...飽きられてしまいますし、その時々のニーズにあった観光施設の整備や充実も必要です。(自然保護が前提ですけどね)
...それを石垣市が、どうバランスをとってやっていくのか...


玻座真係長は、都市の定義に「人が住む」ということを言っておりましたが、『人が住む』『人が生活する』ことの根幹は、健全な経済環境がなくてはならないことです。

...開発と自然環境の保護のバランスを取っていくためには、石垣市は市の経済状況がどうなっているのか...GRP(域内総生産:Gross Regional Product)やGCP(市総生産:Gross City Product)等の経済指標を常に綿密に把握し、その指標をもとに、中長期の戦略的な観光施策を立て、石垣市全部署を横断させ、石垣在の各種団体、市民団体を網羅したアクションプランをつくる事が、石垣市の景観計画をより実効性の高いものにしていくのでは...と感じました。

説明会後...JC会員と玻座真係長で居酒屋で意見交換を行いましたが、公務員然としない気さくな係長と非常に建設的な意見交換が出来ました。
JCも、この計画に積極的にコミットしていかなければなりませんね。

本事業を担当した、八重山JC地域創造委員会...漢那副理事長、大浜委員長他スタッフのみなさん、有意義な事業の開催..お疲れ様でした。


《お知らせ-1》

2月11日(月)に八重山防衛協会他団体主催による、講演会が開催されます。
講師は、海上自衛隊第5航空群司令の野井健治海将補で、講演の内容は、尖閣諸島近海や東シナ海における中国によるガス田開発、東シナ海における中国軍の動向等についてです。
私達の住む..ここ八重山の周辺海域で、どのような事態が起こっているのか...
是非..多くの方のご参加をお待ちしております。

開催日時:2月11日 月曜日(建国記念日...紀元節) 午後6時半より
開催場所:ホテルみやひら


《お知らせ-2》

以前...小林よしのり氏の『わしズム』でお世話になった、沖縄大学の宮城教授から、教養講座のご案内を頂きました。
講師は、小林よしのり氏の雑誌等でお馴染みの、浅羽通明(あさばみちあき)氏です。
タイトルは、一見..挑発的なものですが、右-左を超えたレベルの高い内容の講演になるとのこと...JC会員には是非参加してもらいたいとのことですので、是非参加してみてくださいね。

↓画像をクリックしたら大きな画像になります↓



コメント(0)

八重山JCスタート
2008/01/27 16:37:13 書庫 全般
1月25日(金)...
2008年度の(社)八重山青年会議所(八重山JC)の1月度通常総会が開催され...稲福理事長率いる2008年度八重山JCがスタート致しました。

←総会前....緊張の中、引きつった笑顔(?)を見せる稲福理事長(^^)

そう...私も、2年前...理事長としての初めての総会...このように笑顔を作ることすら出来ずに緊張していたのを思い出します。

さすが...稲福理事長...
さすが...B型です。

あっ...俺もだけど(^^;)

稲福理事長、スピーチも立派でしたよ。


今年の八重山JCのスローガンは、『八重山JCの矜持 FOR八重山!!』です。
『矜持』とは、『自信や誇り』という意味なんだそうで...八重山JCの歴史を築いてこられた、先輩方の軌跡に自信と誇りを持って、それに胡坐を掻いているのではなく、さらに地域から必要とされるJCにして行こうという意気込みが現れております。

私も...特別理事として、しっかり支えて行きたいと思います。

総会後は、恒例の新春祝賀会...
今年も、多くのご来賓の方々、先輩の方々や他LOM理事長の方々にお越し頂いての開催となりました。

新春祝賀会では、2007年度をもって、満40歳で卒業される会員の卒業式が行われましたが...

今年は、第41代理事長の砂川佳之君、第43代理事長の中山義隆君の八重山JC重鎮2名が卒業することに...

1990年代〜2000年代の八重山JCの中心で、常に頑張ってこられたお二人ですので...卒業式は、本当に感動的な卒業式となりました。
中山義孝君の、「もう...みんなと一緒に街づくり活動が出来ないと思うと...寂しい」と涙をこらえたスピーチには、私も思わず...もらい泣きしてしまいました。
卒業されても、JCスピリットで、頑張って頂きたいと思います。


</SMALL


コメント(0)

暗雲...
2008/01/23 23:13:34 書庫 全般

先日の八重山毎日新聞の報道に、2007年度の石垣空港の乗降客数が、14年ぶりに対前年比を下回ったとありました。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/10235/

八重山毎日新聞の報道によると、2007年度の乗降客数は、192万4,420人で、前年を3万2,941人(1.68%)下回り、3万人台の下げ幅は、復帰後最大になるそうです。
石垣空港の乗降客数が、前年を下回った要因として、本土からの団体客の落ち込みが大きいとか、原油価格の高騰を受け、消費者の財布の紐が固くなった...とありましたが...

乗降客数には、観光以外の利用客も多いと思いますが...
これまで、右肩上がりで推移してきた石垣空港の乗降客数が落ち込んだ事により、入域観光客の落ち込みもあると思われます。
数年前まで、毎年成長する観光入域者数を期待して、事業計画を立てていたと思いますが、この落ち込みは、国内経済におけるマイナス成長に等しい...深刻な問題だと思います。

今後...八重山観光のあり方自体を再検討していく事が必要になりますね...
(注:観光入域客数をもっと増やさなければならないという議論ではなく...)

八重山経済を牽引していく観光産業に暗雲が垂れ込んできた中で...今日の八重山毎日新聞に、原油高騰の影響により、全日空が、那覇-石垣路線の航空運賃を4月から9%も値上げするのだそうです...9%も!

現在、那覇-石垣間の航空運賃は、片道普通運賃で、21,100円もしていたのですが、この値上げにより、23,000円(ピーク時は24,100円)になります...

この事からも、八重山への観光客の落ち込みは更に大きくなりそうですね...

また、この値上げ...出張の多い私には....痛すぎます。



コメント(0)

憲法タウンミーティング
2008/01/21 23:46:14 書庫 全般
京都会議で、『憲法タウンミーティング』に参加しました。

このタウンミーティングでは、社民党の辻本衆議院議員と自民党の葉梨衆議院議員をパネリストに、日本JC中島副会頭がコーディネーターを務める形式で行われましたのですが...

社民党の辻本清美衆議院議員...
ほぼアウェー状態の、日本JCにようこそ...
敢えて来られた事に敬意を表します(^^)

辻本議員は、『憲法とは?』という問いに...
『国民を権力者から守るものである憲法を、護憲・改憲で対立するのではなく、憲法について勉強することが大切...私は護憲ではなく、憲法を尊重する《尊憲》です。』...述べてました。
なるほど...『尊憲』か...確かに憲法は、国家の根本規範であり、葉梨議員が言うように、国際社会に対する『国民の決意』であって、私達国民は、誇りを持って尊重しなければならないものだと思う。

ただ...現行憲法が、私達日本人が、誇りを持って国際社会に日本人の決意として示せるものなのかどうかが、憲法論議の焦点だと思う。

戦後の占領下に(日本人の自由な意思が尊重されない)GHQの指導の下に作成された現行憲法の成り立ち...
そして、戦争の放棄を定めた憲法9条...

戦争の放棄を定めることはあってもいいと思いますが、国家の「セキュリティー」の手段さえ違憲と主張していながら、日米同盟によって国家のセキュリティーが保たれている状態で、国内向けには「平和憲法・戦争の放棄・武力の放棄」...国際社会の中では、日米同盟でもって国家の繁栄を享受していることを見て見ぬふりをする。。。

そのような状態で、国際社会に対して『日本人の決意です』と胸を張って言えるのだろうか...それが、現行憲法を巡る論議の焦点だと思う。

...パネルディスカッションを聞いていて、終始...辻本議員は確信犯的に、その現実...国際社会のリアリティーを示すことはありませんでした。
特に、ベトナム戦争について...
『アメリカが勝手に始めた戦争に、日本と同じくアメリカと同盟を組んでいる韓国は出兵し...多くの犠牲者を出したが、日本は憲法9条があったから、出兵せずに済んだ』という発言は、当時の自由主義と共産主義が牙をむき出しながら、勢力拡大競争を行っていた国際情勢...その最前線のひとつであった朝鮮半島を巡る状況を無視した発言だと思う。

また、葉梨議員も発言していたように...憲法9条が、時の権力者によって都合良く積極解釈され、歯止めが利かなくなるよりかは、国家のセキュリティーへの武力の行使については、国民の決意として明示し、必要な法整備を行う事が必要だと思う。

辻本・葉梨両議員とも....憲法について、積極的に議論していく事の重要さを説いていたので、3年後以降に発議される国民投票法前に議論を活発化させなければなりませんね。

先日の...沖縄地区協議会の新春フォーラムで、軍事アナリストの小川和久先生が...
「憲法の理念を達成していくためには、右に左に大きく振れながら改憲を重ねることで..いずれその振れ幅が小さくなり、国民の決意として、その理念を達成出来得る事が出来る」と述べていた事を、再認識いたしました。


コメント(1)

京都会議2
2008/01/20 23:41:23 書庫 全般

2008年度の(社)日本青年会議所のスタートとなる京都会議から戻ってきました。

3年連続の参加、計6回程の参加ではありますが...今年も充実した、有意義な京都会議となりました。

...でも、いつ来ても、京都は、美しい街ですね〜

JCではなく...プライベートで来てみたいと京都会議に来る度に思うのですが...その夢は未だ叶わず...
JC卒業しないと無理かな〜

この京都会議が開催される会場、国立京都国際会館は、京都の美しい自然の中に、日本で初めて本格的な国際会議場として1966年に建設された...私の年齢より古い建物ではありますが...その築年数を感じさせない、最新の設備が整った、素晴らしい施設です。

今日、式典が開催されたメインホールの他に、8つの多目的ホール...70余の会議室があり、毎年...様々な国際会議が行われていますが、有名なのは、1997年に開催された地球温暖化防止の京都議定書を採択した京都会議(COP3)ですね。

そんな格式高い会場で、会議を開催したり、セミナーやフォーラムに参加できるなんて...光栄です。

2006年...私が八重山JCの理事長として参加した際、沖縄地区・ブロック協議会の会員会議所会議の最中に、雪が降ってきた時は...本当に感動しました。

今年も寒かったのですが、雪が降らず...少し残念。。。
....でも、寒かったです。

私が参加した、フォーラムや式典、沖縄地区・ブロック協議会の会議については...後ほど、報告させて頂きます。



コメント(0)


[ 次の 5 件を表示 ]