八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
八重山日報に...
2008/03/31 23:02:34 書庫 全般
今日は官公庁の年度最終日...退任や転任...そして新しい人材が入ってきたりで、心機一転を図れるのではないでしょうか?
また...国会ではガソリン税の問題で大荒れとなっているようですが...
目先のガソリンの値段だけに一喜一憂することなく、これを機に...税のありかた、道路整備のあり方を考え直すのも良いですよね。

さてさて...
前にも報告いたしましたが、防衛省・自衛隊から委嘱された『防衛モニター』も、正式には...明日の新年度から任期が始まります。
この『防衛モニター』を委嘱された事で、先週...八重山日報さんから取材を受けたのですが、その記事が....今日の八重山日報に掲載されていました。

それも...デカデカと...

自分的には、3面辺りの隅っこにこっそり掲載して欲しかったんですが、3面の真ん中にドドーンとおっきく掲載されていました。

「国境から国防を訴える」
なんて...たいそうな見出しまでつけて頂いて...

それで...今日は朝から、いろんな方々から激励のお電話を頂きました。

ありがとうございます。



思い起こせば...私の「この方面」へ進む切欠を作って頂いたのも、八重山JCの理事長を務めていた一昨年の2006年、憲法記念日の八重山日報の特集で、紙上討論という形式で、改憲派の立場で出させて頂いた事です。http://blog.goyah.net/toita/2006-05-03-day.html

その後、この記事とブログがNHKの方の目に止まり、昨年..8月15日のNHK.「日本のこれから〜考えてみませんか憲法9条〜」に出させて頂いたり、そこでの発言で、漫画家の小林よしのり氏に拾って頂き、雑誌にも出させて頂くという貴重な経験をさせて頂きました。

八重山日報さん...ありがとうございます。


今後...自分自身が、どのような方向に歩んでいくのかわかりませんが...

この与えて頂いた使命を全うすべく、頑張って行きたいと思います。


Apple Store(Japan)     iTunes Store(Japan)

コメント(0)

MRJ(三菱リージョナルジェット)事業化決定
2008/03/30 23:58:12 書庫 全般
国産旅客機『YS-11』以来、40年ぶりとなる国産の旅客機...MRJ(三菱リージョナルジェット)計画で、全日空がローンチカスタマーとして25機の購入を決めた事で、事業化が決定したようです。

三菱重工:40年ぶり「国産の翼」 MRJの事業化発表、13年運航目指す。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080329ddm008020122000c.html
(毎日jp)

戦後...戦勝国から航空機製造を禁止され、その後...官民一体となって取り組んだ国産旅客機..YS-11

ここ石垣でも、那覇-石垣路線が完全ジェット化されても、数年前まで与那国路線でも活躍していましたね。

YS-11は、その完成度の高さから名機と言われながらも、事業としては失敗という結果となってしまい、その後...国産の旅客機計画が事業化されることはありませんでしたが....今回は、全日空がローンチカスタマーとなり、日本航空や海外の航空会社も購入を検討していることから、事業化が決定しました。

このMRJは、座席数100席未満のリージョナル機(小型旅客機)といわれるカテゴリーですが、三菱重工では、90席のMJ-90、70席のMJ-70をラインナップとするようです。

幹線空港と幹線空港を大型機で結び、そこから自転車のスポークのようにローカル空港を結ぶ、ハブ・アンド・スポークと今後...ローカル空港とローカル空港を直接結ぶポイント・トゥ・ポイントを進めていく航空会社にとって、需要が見込めるカテゴリーだと思いますが、現在...このようなリージョナル機の開発を巡って、世界各国が開発をしているようなので、かなりの激戦カテゴリーとなるはずです。

せっかく..再び火の灯った国産旅客機計画なので....官民一体で成功させてもらいたいものです。

就航は、2013年...になるようなので、新石垣空港にも就航するかもしれませんね。


Apple Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)

コメント(1)

おめでとう♪
2008/03/30 12:19:19 書庫 全般

昨夜は...いつも僕の髪をカットしてくれている、友達のさや香さんの結婚披露宴...

4年前...東京で美容師をしていたさや香さん、ふらりとリュックひとつで石垣島に来て...島人になってしまい、この度...めでたくご結婚となりました。

さや香さん...ご結婚おめでとう♪


末永く...お幸せに〜















 iTunes Store(Japan)

Apple Store(Japan)

コメント(0)

新石垣空港ターミナル...
2008/03/27 22:54:23 書庫 全般
昨夜、(社)八重山青年会議所と石垣市商工会/青年部共催による、『新石垣空港ターミナル』について考える講演が開催されました。

石垣経済新聞
http://ishigaki.keizai.biz/headline/250/


2013年開港となる新石垣空港ですが、現在...滑走路や誘導路、スポット等の本体工事に着手していますが、新空港の旅客ターミナルは、他の空港と同様...第3セクター方式かPFI方式での運営となります。

(*現在の石垣空港ターミナルは、沖縄県/石垣市が管理する建物)

石垣経済の実情を考えると、第3セクターでの運営になるとおもいますが、新石垣空港開港まで、あと5年...

第3セクター方式での運営会社設立準備、資本金を集めたり、ターミナル建設資金の資金計画、構想...設計、建設と考えると、新空港ターミナルは火急の課題となります。

講演第1部では、すでに第3セクター方式のターミナル運営を行っている宮古空港ターミナル株式会社の上里専務に、宮古空港ターミナル株式会社の設立と現在の運営状況等について講演を行って頂き、第2部では、沖縄県土木建築部新石垣空港課の栄野川氏に、現在検討がなされている新石垣空港ターミナルの構想を説明して頂きました。

現在、新空港ターミナル検討調整会議でのターミナルの基本的な機能コンセプトとして、2021年頃の需要予測をもとに、素案を出しています。

2021年の需要予測として、年間旅客数を259万人を想定しており、ピーク時便数を、B767(B787)等の中型ジェット機2便、B737等の小型ジェット機3便が駐機できるように、5機のPBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)を備え、16,171?(4,900坪)の計画面積としています。
建設費用は、計画面積が宮古空港ターミナルの約2倍となることから、約80億円を想定しているようです。

最近の空港ターミナルは、旅客ターミナルという基本機能のみではなく、複合商業施設、アミューズメント施設としての要素を取り入れるターミナルとなっており、大規模観光施設の少ない八重山観光の目玉として、新石垣空港ターミナルも、空港ターミナルという機能だけではなく、観光施設としての機能を持たせれば、地元経済への波及効果も高く、新たな観光の形態になるのでは....と思います。

また...地元若者のデートスポット....地元ファミリーも楽しめるような施設になればいいですね。

Apple Store(Japan)  


 iTunes Store(Japan)

コメント(0)

講演会のお知らせ
2008/03/25 16:46:03 書庫 全般

《講演会のお知らせです。》

八重山郡民悲願の『新石垣空港』...平成18年の10月に起工式を行い、現在....平成23年開港に向け、急ピッチで工事が行われています。
現在工事が行われているのは、滑走路やエプロン・誘導路などの本体工事で、空港機能を動かすターミナル等については、その運営形態まで含めて現在沖縄県や石垣市、石垣市商工会...そして八重山青年会議所等の審議会で検討されています。

現在の石垣空港のターミナルは、沖縄県や石垣市..航空会社が所有する建物ですが、現在...国内の空港ターミナルは、『第3セクター』や『PFIPrivate Finance Initiative)』で民間主導で運営されています。


(画像は平成17年にOPENした函館空港ターミナル...年間乗降客は約240万人、総工費100億円超!)

新石垣空港においても、ターミナルは『第3セクター』か『PFI』での運営になりますが、それぞれの運営形態であっても、八重山主導で設立し運営する為には、地元の出資比率等の課題は山積しています。

今回...(社)八重山青年会議所では、第3セクター方式で、すでに空港ターミナルを運営しているお隣宮古島の『宮古空港ターミナル株式会社』の専務取締役による離島における空港ターミナル運営と第3セクター設立までの経緯や現状、そして沖縄県新石垣空港建設課による今後のスケジュールについての講演を、下記の日程で行います。

是非、足をお運び下さい。

『八重山郡民のための新石垣空港ターミナル』

開催日時:3月26日(水)午後7時より9時
開催場所:石垣市商工会館ホール2F

お問合せ:(社)八重山青年会議所事務局 (0980)82-6566

Apple Store(Japan)  iTunes Store(Japan)

コメント(0)


[ 次の 5 件を表示 ]