八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
北方の切迫、南方の危機。
2008/07/30 22:22:11 書庫 全般
『北方の切迫、南方の危機。』

...私も登場させて頂いたわしズム2008年春号のタイトルですが...

小林よしのり先生にお約束したとおり..南方の危機を目の当たりにしている者として、北方の切迫を目の当たりにすべく...
明日から、北海道の釧路〜根室に行ってまいります飛行機

社団法人日本青年会議所北海道地区協議会が主催する..

「北方領土返還要求現地視察大会」
...という、今年で39次の大会へ沖縄地区協議会として参加してきます。


北海道の先の日本
北方四島である..択捉、国後、色丹、歯舞

戦後..60年以上経過したにも関わらず...解決の糸口さえ見出せない...未解決の戦後処理問題

今回の大会では、日露間の国境中間ライン(*ロシアが勝手に引いた中間ラインですけどね!)まで船で行き、洋上から北方四島を肉眼で見てきたいと思います波

...そして、戦後...不当に領土を侵害されている当事者達の思いを聞き、南方の危機にいながら当事者意識が薄い八重山の方々に、その思いを伝えたいと思います。



...明日の荷造りをしながら...明日の根室市の気温を調べたら...

朝の最低気温13度....あせあせ(飛び散る汗)
石垣島の真冬ではないですか...8月ですよ8月ペンギン




コメント(0)

友情...
2008/07/30 01:51:48 書庫 全般
今夜は...八重山JCの臨時理事会でした。。。
夜の8時に開催し....終了したのは、午前0時過ぎ...

今夜の議案で、ひとり...志士が誕生しました。
事業を共にし、酒を飲み交わす友達でありましたが、今日の理事会では...真剣勝負!

...一時紛糾した後に再開した理事会での彼の事業への思いを述べる言葉...全ての理事の心に響いたと思います。
素晴らしかったよ、豪君。。。

JCの三信条は...「修練」・「奉仕」・「友情」

我々は、「明るい豊かな社会」を築く為に、責任世代として社会への奉仕の思いを持って、この活動をしています。
奉仕をして行く上で、その事業を組み立てる過程で...様々な修練をしなければなりません。
それは...大きな気づきを得る為の修練なのかもしれません。
それを...組織として、築き上げる上で...共に汗をかく仲間がいます。
共に汗をかく仲間と修練を積み重ねる事で...「友情」が芽生えます。

豪君...今回の事業で、共に汗をかいてくれた仲間を...生涯の友人として下さいね。



今日...本物の「友情」を...夕方のニュースで見ました。
かつて..日本の野球界を背負った、K・Kコンビこと...オリックスの清原とメジャーリーグ パイレーツの桑田(引退してますが)

怪我により..1軍を退いていた、オリックスの清原が...1軍復帰の前に、かつての盟友...桑田の球を打ちたいという希望に桑田が応えた...というニュース
http://www.asahi.com/sports/update/0729/OSK200807290077.html

大阪・PL学園高の同級生で、高校時代に春夏計5度の甲子園大会に出場して「KKコンビ」と騒がれ、2度の全国制覇を成し遂げ、プロでもエース、4番として一時代を築いた2人...

プロ転向後は、お互い...それぞれ、異なる野球道に進み、一時代を築いてきた2人...


最後の1打席限定の真剣勝負...
桑田投手渾身の1球に...清原は、渾身の空振り...


本物の友情を見させて頂きました。


コメント(1)

『望むからではない...避けられない義務なのだ』
2008/07/27 21:10:57 書庫 全般
八重山諸島近海にある台風8号の影響で、朝から強風&大雨
昨年からの特徴だと思うんですが...最近の台風は、石垣島近海で発生して、数日後に直撃!というパターンが多いような...

海水温の変化とかあるんでしょうか...


こんな日は...自宅でゆっくり映画でも。。。

やっと見る事が出来ました『グッド・シェパード』
アメリカ諜報機関...第二次世界大戦からCIA誕生...そしてキューバ危機という実際に起きた歴史的な事象を背景に...国家そして組織に人生を翻弄される寡黙な諜報員を描いた映画。


諜報員(いわゆるスパイ)を描く映画というと..007などのように、派手なアクションシーン満載の映画のように思えますが、これは...その対極にあるといってもいいほど...淡々と静かに物語りは展開していきます。

それにしても...長い映画です。

2時間40分!
劇場で見るには、ちょっとしんどいですね。


映画のタイトルである『グッド・シェパード』...聖書の中に出てくる『良き羊飼い』という意味なんだそうです。
国家と組織の任務を寡黙に冷徹に遂行する主人公を指して...『良き羊飼い』としているのでしょうが...聖書の世界を深く知る欧米人にとっては、言葉以上の重みのあるタイトルなんでしょうね...

また、主人公も所属していた、歴代大統領や議員、政府高官を数多く輩出した...実際に存在する秘密結社...スカル&ボーンズの世界が、終始描かれているのも...

とにかく...諜報の世界がない(...と書いたら語弊がありますが)日本人に、世界の牙と牙をむき出して国益の為に闘う、世界のリアルな現実を見せ付けられる映画です。

...この映画で、一番印象に残ったセリフ...
主人公の若き諜報員...エドワード(マッド・デイモン)を諜報の世界に誘ったサリヴァン将軍(ロバート・デ・ニーロ)の...

『望むからではない...避けられない義務なのだ』というセリフ

とても重い言葉ですよね。

歴史上起きた出来事...歴史に『if』はないと言いますが、過去の戦や出来事も...すべて『望むからではなく、避けられない義務』から起きているんだということを、改めて考えさせられました。

また...自分に起きている事も...

それにしても...この映画の主人公にマット・デイモンを起用するのはどうなんだろ...
マット・デイモンは素晴らしい俳優なんですが...ちょうど同じ頃に公開されていた、これまたCIA等の諜報の世界を描いた...『ボーン・アルティメイタム』の主人公も、マット・デイモン...

『グッド・シェパード』の寡黙な諜報員エドワードと...『ボーン・アルティメイタム』の最強の諜報員ジェイソン・ボーンの姿が被ってしまい...
寡黙な主人公であるはずの、エドワードが...映画の中で、派手なアクションをするのでは...変に期待しちゃったりしてしまいました(^^;)

それと...サリヴァン将軍演じる『ロバート・デ・ニーロ』の存在感は流石でしたね。



コメント(0)

第48代理事長予定者...
2008/07/26 22:13:52 書庫 全般
7月24日...
(社)八重山青年会議所の2008年度通常総会が開催され...
(社)八重山青年会議所の第48代理事長となる、2009年度理事長に...座喜味盛行君に決定致しました。

本年度、沖縄地区協議会で、私の担当するラインの議長として頑張っている...そして、私が理事長を務めた年の副理事長であった座喜味君の理事長承認...とても感慨深いものがあります。

(右から..第44代仲嶺君、第47代稲福理事長、第48代予定者座喜味君、第46代大浜君、第45代の私)

2009年は、沖縄の地にJC運動の灯が灯り、50年目の節目の年。

沖縄のJCにとって...50年来の悲願であった、会頭の輩出、そして...全国会員大会、沖縄-那覇大会の開催。

八重山JC第48代理事長として、しっかりと、その大きな担いを全うして頂きたいと思います。


2005年...
私が、翌年の理事長就任を控えた、日本JC全国大会-姫路大会に参加した夜...
当時の仲嶺理事長のもとで、専務理事をしていた座喜味君と二人で、神戸の沖縄料理のお店で飲んだ後...ホテルに戻ると、座喜味君が、私の部屋に来て...

その年の専務理事という大役を任されながらも、自分自身納得する活動が出来なかった事の反省を述べた上で...
『自分は、2009年に那覇JCが全国会員大会主管LOMに立候補する年に、副主管となる八重山JCの理事長をやりたいんです。』...と真剣な表情で、2009年に向けた決意を述べました。

JCの中で...将来理事長をやりたいという方は結構居ますが...
4年後の理事長をやろうと準備する人は、数少ない...

私は、座喜味君のその志とやる気に感銘を受け、翌年の理事長の就任が決まっていた中、10月になっても、私と共に八重山JCを運営して行く執行部人事が、まだ未確定であった為、座喜味君に...
『じゃ、あと3年しかないから、来年...八重山JCの執行部として、一緒に頑張ろうか?』と持ちかけたところ...

彼は二つ返事で、『よろしくお願いします。』
...と共に頑張る事を誓い合いました。

...それから、私は...自分の15年間のJC活動で培ってきたものを彼に伝えるべく、常に一緒に行動を共にしてきたのですが...時には...大きなプレッシャーと迷いの中から、自分自身を見失う事もありながらも...彼は、何度も這い上がり、成長していきました。

この日の総会で..彼は立派なスピーチをしたのですが、スピーチの中に何度も、『成長』という言葉がありました。
それは...大きな担いを任されながらも、その担いの大きさに負けそうになったり、迷ったりして...自分を見失いそうになりながらも、そこから...何とか這い上がって成長し...そして体感し得られた気付きの素晴らしさを、自分の仲間に伝えたかったのでしょうか...

『人は、自分の持つ力の90%〜100%を出して頑張っても、成長しない...120%..それ以上の力を出さなければならない場に挑戦してこそ、人は初めて成長出来る』

...いつか聞いた言葉が頭に浮かんできました。

それを、実践してきたのが彼であり、これからも...そうあり続けるであろう、座喜味君に期待しながらも、自分自身も...JCラストイヤーを共に頑張りたいと思います。


2006年...私は、島から出て、沖縄本島や東京、台湾と...いろんな所で理事長としての担いを全うしなければなりませんでしたが、私の傍に常に居たのが座喜味君であり...理事長職を終えた翌年の正月に彼から届いた年賀状に...

『また一緒に旅をしましょう。』

...という言葉がありました。


今年も困難な旅を共に歩んでいるけど、来年はさらに困難な旅になる...
大きな担いを背負った大浜次年度地区担...そして、素晴らしい八重山JCの仲間と共に、偉大なる旅...Great Touring(車ののGTの語源ね ^^)に歩みだしましょう。







コメント(1)

サマコン報告?
2008/07/23 21:04:51 書庫 全般
今日から石垣島では豊年際
あちこちから鐘の音が聞こえてきます。。。

今年は雨が少ないようですが...今日は...昼過ぎから『ゆがふ雨』が降りましたね。
今年も豊作となりますように...

今日...あるサイトを見ていたら、琉球新報の書籍のベストセラーランキングがあり...
『誇りある沖縄へ』が、4週連続で...主要な書店のランクでほぼ1位になっているようです。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-134399-storytopic-6.html

...ドキドキですね。















さて...サマコン報告の続きです。
ちょっと記憶が薄れかけてきているのですが...頑張って思い出してみたいと思います。

メインフォーラムの後は...
昨年..予定者の段階で、沖縄で沖縄地区協議会の我々と共に安全保障の研修を行った、領土領海問題委員会と国家安全保障問題委員会が主催するフォーラムへ参加
(↓昨年の研修の時の画像↓)














まず...
領土領海問題委員会の

『海洋国家日本の安全保障と国益』

..と題したフォーラム

講師は、鈴木宗男衆議院議員、起訴休職中外務官僚の佐藤優氏で、領土問題の外交交渉当事者による、外交交渉の最前線の生の話を聞く事が出来ました。

それにしても...
領土問題や我が国外交のあり方への佐藤優氏の切れ味鋭い指摘は、息を飲む話ばかり...

しかしながら...
解決の糸口を見出しながらも、様々な利害関係の中で、それを実現して行く事の難しさを改めて考えさせられました。


また...フォーラムエンディングでは、領土領海問題委員会による海洋国家日本の海洋政策に対する提言がまとめられていました...

前回UPしたように、我が国のこれまでの海洋政策の脆弱さを指摘し、今後の海洋政策に対する国家としての取り組みを提言...

その提言を...是非、多くの国民に伝えていただきたいと思います。


その後は...
国家安全保障問題委員会による

『迫り来る危機、その時日本は』

...と題したフォーラム

講師は、安全保障の専門家でTVでもお馴染みの、ハドソン研究所首席研究員の日高義樹氏

次年度も、沖縄地区協議会で安全保障関係を担当する私...次年度の沖縄地区協議会会長の大浜次年度と、会議体の議長予定者と共に、一番前の席に陣取り...しっかりと講話を聞かせていただきました。

冷戦後の世界の安全保障体制の変化...
そして、科学技術拡散による、新たな脅威の出現と、アメリカの突出した軍事パワーによる、世界戦略とサブプライム破綻と今後の世界情勢...

経済的・軍事的拡張を続ける中国の形振り構わないえエネルギー争奪戦の内幕と近い将来起きるかもしれない危機...

...知らなきゃよかった(^^;)

大丈夫なのか?日本

...と世界の現実の厳しさを目の当たりにして、日本の将来を憂うばかりの内容でした。

また...国家安全保障問題委員会の井口委員長とのディスカッションでは、日米地位協定の問題も取り上げて頂けましたが、日高氏の指摘には...次年度沖縄地区協議会3人衆...足元をひっくり返されて、途方に暮れてしまいました。

...いや、考えようによっては、それが落としどころになるはずです。
気持ち新たに、取り組む決意も芽生えましたよ。

それにしても...日高氏の
『国家の仕事は戦争である』...
平和ボケした中にいる私にとっては、一瞬ドン引きする発言ですが...その言葉の重さは、本当に考えさせられますね。。。

帰りの電車で...次年度議長予定者のR君と、この言葉の重さについて語り合いました。

ZOZORESORT(ゾゾリゾート)

コメント(0)


[ 次の 5 件を表示 ]