八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
Jake Shimabukuro...
2009/04/27 15:01:06 書庫 全般
お久しぶりです。

先週末...在沖米国総領事館のケビン・K・メア総領事公邸で催しがあり、ご招待を受けたので行って参りました。

公邸には、在沖米軍の司令官等の高官や外務省沖縄大使など...そうそうたる方々がお見えになっており...居場所も無く緊張していましたが、ケビン総領事や総領事職員が、親切にアテンドしてくれたので、日本では滅多に経験することの出来ない、アメリカ式のパーティーを楽しむことが出来ました。

この催し...実は、ハワイのウクレレ奏者で、日本でも大活躍の、日系3世の『ジェイク・シマブクロ』のミニライブもあるとの事で、私自身、ジェイク・シマブクロのCDを何枚か持っており、一事は着メロにしていた程のファンで、このライブを大変楽しみにしていました。


このミニライブで、5曲程演奏しましたが、ジェイクの繊細且つ力強い弦を奏でる指の動きに見惚れてしましたが、生で聞くウクレレの音...正直、こんなに美しいものだとは思いませんでした。

ジェイク・シマブクロが、日本に来て一番影響を受けたという、『琴』の音色を、ウクレレで奏でた「さくら〜さくら♪〜(曲名ではありませんよ、あの有名な桜の歌)」では、あまりの音色の美しさに、涙がこぼれそうになりました。


最近...アコースティックな音色に触れる機会が無かっただけに、今回のジェイクのミニライブで身も心も癒されてしまいました。

ライブの最後の曲の前に、ジェイクからメッセージ...
「音楽は、言葉で伝えられない事を伝えることの出来る不思議な力がある...世界中の人が音楽で心を通じ合わせることで、世界平和を願いたい...」

本当にそうだと思いました。















翌日...
帰りの飛行機に乗る前に立ち寄ったジャスコ小禄店で、見慣れた人々が...
陸上自衛隊第一混成団音楽隊の皆さん(^^)

陸上自衛隊第一混成団音楽隊は、沖縄本島内のデパート等の商業施設で『ふれあいコンサート』というものを開催しているようですが、今回...ジャスコ小禄店では初めてとの事


開演前から、ステージ前には多くの市民が詰め掛けていましたが、開演と同時に、エスカレーター周りのテラスに多くの買い物客が足を止め...こちらもアコースティックなビッグバンドの迫力ある音楽に聴き入っており、1曲ごとに大きな拍手が送られていました。

この音色...
是非、今年も石垣島で奏でて頂きたいものですね。


しかしながら...このような商業施設で、普通に自衛隊の音楽隊の演奏会が開催されるなんて...わが島とは大違いですね(^^;)

コメント(1)

もうひとつの戦後処理
2009/04/12 21:06:02 書庫 全般

Nスペに「李登輝友の会」が抗議声明

NHK総合テレビが5日に放送した「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」の内容が偏向していたとして、日本李登輝友の会(
小田村四郎会長)は10日、福地茂雄NHK会長あてに抗議声明を出した。
番組では、日清戦争後の日本による台湾統治について、一等国を目指して統治の成功を海外に誇示したものの、日台間の格差と同化という矛盾を抱え、やがて
皇民化運動で日本文化を強制した−などとした。
この放送に対し、声明は「日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような史観で番組を制作することは、
公共放送として許されるべきではない」とした。NHK広報局は「歴史を振り返り、未来へのヒントにしたいという番組の趣旨を説明し、理解していただきたいと考えています」としている。

msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090410/biz0904102039021-n1.htm

先週、このブログでも、NHKの『プロジェクトJAPAN』の件について書きましたが、やはり...あの番組内容に対して抗議が出たようです。

私も、この番組のスタンスが、台湾の植民地政策のマイナス面が強調されていたと感じましたが、番組の最後の方で「日本の人達に知って欲しい、戦後...私達は、孤児になったんだ。」と訴えていた老人の言葉は、重く受け止めなければと思いました。

現代の日本は、台湾の置かれている状況に、あまりにも無関心過ぎます。
日清戦争の勝利によって台湾を領土とし、台湾に住む方々を日本人として生きる事を強制し、あの大戦では日本人として戦うことを強制した。
国の政策としてはそうだったが、台湾の方々の中には、日本人以上に日本人として生き戦う方も多く居た。

そして敗戦...
満身創痍の日本に捨てられた台湾は、中国大陸の国共内戦に破れた中国国民党が進駐し、GHQが進駐してきた日本以上に、酷い扱いを受け続け、現在に至るまで、国家としての主権すら国際社会から認められず、台湾に対して最も道義的責任がある日本も、無関心のまま...

台湾が国家としての主権を有し、国際社会の一員となる事も、日本の戦後処理のひとつではないかと思います。

台湾高砂義勇隊
http://datas.w-jp.net/flash/takashago/movie.html



コメント(3)

八重山毎日新聞で...
2009/04/07 17:42:19 書庫 全般
昨日、米海軍掃海艦の石垣港寄港の件で、八重山毎日新聞の取材を受けましたが、今日の新聞に早速掲載されていました。

この記事は、米海軍掃海艦の石垣港寄港に対して、容認、反対の立場から取材のコメントを両論併記という形になっていますが、取材時の私の拙い話を、きちんとまとめて頂いています。

今回の件で、マスコミは反対の立場からの報道姿勢でしたが、このように両論併記して頂けると、さらに議論が深まり、より良い方向に進んでいくのでは...と思います。

しかしながら...容認側からの意見が、私のような者の意見ですみません。。。
(←画像をワンクリックしていただければ、拡大画像になります。)


あと...コメント欄で、いろいろとご意見を頂いておりますが、ひとつひとつしっかりと読ませて頂いています、ありがとうございます。



コメント(27)

米海軍掃海艦 石垣港入港-3
2009/04/05 14:30:30 書庫 全般
今回の米海軍掃海艦の石垣港入港の件を書いたブログで、様々なコメントを頂いております。
どれもが、貴重なご意見で、いろいろと考えさせられました。
また、コメントを頂いた方同士での議論も見受けられますが、このようなブログで良ければ、コメント欄で議論を続けて頂いても結構ですよ。

さて...
米海軍掃海艦の石垣港入港の件の続きです。
入港した3日夜...反対派住民の抗議活動も収まり、静けさを取り戻した石垣港に停泊している米海軍掃海艦『パトリオット』の艦内で、レセプションパーティーが開催されました。


昨年乗船した、米海軍の強襲揚陸艦『エセックス』と違い、非常に狭い艦内でしたが、掃海艦『パトリオット』/『ガーディアン』の士官の方々と、親睦を深める事が出来ました。

...パーティーの途中、少しだけ艦内を見学する事が出来ましたが、この狭い艦内で、大柄なアメリカ人が肩を縮めて歩き回る光景を見て...艦内生活の大変さを実感...

このような狭い艦内で、日々...この地域の安定を築く任務に就いているのだと思うと、改めて感謝の念を抱きました。

翌日の4日(土)の朝から、米海軍掃海艦艦長他士官、乗員の方々による、石垣市バンナ公園入り口にある先の大戦で亡くなった方々を国籍問わず奉ってある『八重守の塔』の清掃活動...









掃海艦『パトリオット』、『ガーディアン』の両艦長、ケビン・K・メア在沖米国総領事館総領事、外務省沖縄事務所の久野副所長による献花式が行われました。

献花式の後、『ガーディアン』のセオドア・E・エッセンフェルド艦長がスピーチを行い...
『日米両国が対立した戦争から60数年が経ち、現在では、両国の強い同盟関係が結ばれ、この地域の平和と安定の為に活動している。日本は我々にとって故郷でもあり、日本人は良き隣人であり友人であり、家族でもある。今後も、この地域の平和と安定を守り、自由な経済活動、貿易が出来るようにしていきたい』と述べました。

その後、場所を...1945年4月15日に、石垣島を空襲した米海軍雷撃機アベンジャーの乗員が、石垣島に展開していた日本軍により撃墜され捕虜になったが、戦争時の捕虜に対する扱いを人道的にする国際条約ジュネーブ条約に違反し処刑された『石垣島事件』の米軍人を奉り、世界の恒久平和を願った慰霊碑の清掃と献花式が行われました。

















今回の米海軍の石垣港入港...その意義と目的に関しては、様々な意見もあると思うし、私自身のまだまだ全豹一斑な考え方もこのブログで述べました。
『平和』を構築する手段としての軍事力のあり方、秩序の維持のあり方...今回の件で、様々な議論、考え方が生れたのではないでしょうか...少なくとも、私は、近隣諸国、国際社会を不安に陥れる隣国のミサイル発射実験(衛星打ち上げかもしれませんが、それならそうで、国際社会に説明する責任があるはず)を行ったりする軍事独裁国家や一党独裁大国が無くなり、自由と民主主義が守られる世界になって欲しいと思うばかりです。

コメント(0)

米海軍掃海艦…石垣港入港-2
2009/04/04 08:53:05 書庫 全般
たくさんのコメント・メッセージありがとうございます。

今朝の八重山毎日新聞...
まるで、どこかの政治団体の広報誌のようでしたね。

CS放送の『チャンネル桜』でも、八重山毎日新聞の偏向ぶりが話題になっているようなので、いつか番組で取り上げられるかと思います。

八重山毎日新聞オンライン
http://www.y-mainichi.co.jp/

新聞報道では、まるで...米海軍艦長らが強引に石垣に上陸したような報道でしたが、米海軍関係者や米国領事館関係者は、反対派住民が封鎖する港湾出口で、5時間も穏便に出られるよう、粘り強く関係機関と調整していましたが、結局...車両ではなく、徒歩で港湾から出ました。

その際...米海軍関係者は、押し寄せる反対派住民に、こぶしで何度も背中や腹回りを殴られ、夜になって...痛みがひどくなってきたと訴えていました。


口では、『平和』を唱え、見えないところでは拳で、殴りつける...
そして、新聞紙上では、まるで反対派住民が、蹴散らされて外に出られたような書き方をされていましたが、実際は逆です。

反対派住民が封鎖していた港湾入り口...
石垣市自治労の車両(ドアの石垣市自治労という名称は、別の名称で覆い隠されていましたが)が、完全な道路交通法違反となる公共の歩道を塞ぎ、公共の港湾入り口を反対派住民が封鎖する...

本来、法律遵守を徹底しなければならない公務員が、自分たちの主張を通すためには、このような事を平気で行う。

シュプレヒコールでも、彼らが支持する市長を応援しようと、市長の名前を何度も叫んだり...

石垣市民全てが、今回の入港に反対しているのではなく、米海軍掃海艦の入港を容認している多くの石垣市民もいるということを無視し、我が物顔で公共の施設を占拠する傍若無人ぶり...

まるで、全体主義です。

コメント(11)


[ 次の 2 件を表示 ]