八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
緊急トークライブ どう守る、日本の国境離島
2012/05/07 14:31:13 書庫 全般
5月5日(土)、『緊急トークライブ どう守る、日本の国境離島』を開催しました。

日本は、領海と主権的権利が及ぶ排他的経済水域(EEZ)面積を合わせると世界6位となる海洋国家であり、国境に位置する八重山諸島をはじめとする多くの国境の有人無人の離島がその基点となっています。

世界各国では、漁業資源やエネルギー資源、鉱物資源など、将来大きな可能性が期待される海洋資源の獲得や安全保障上の観点から、海洋権益に対する関心は高まってきており、日本も領域及び排他的経済水域を管理保全する重要性から海洋政策を一元化させた「海洋基本法」を2007年に成立させるなど、海洋権益の保全に関する様々な戦略的取組みを始めています。

このような中、東シナ海では、日本と中国との間で海洋資源の権益獲得や安全保障上の観点から様々な問題が起きてきており、とりわけ豊富な漁業資源、エネルギー資源の可能性がある本市行政区の尖閣諸島を巡っては、年々その問題が顕在化、顕著化してきています。

尖閣諸島を巡って、東京都の石原都知事が、個人が所有する尖閣諸島の主要4島を購入する計画を発表し、国内外で大きな議論が起きていますが、今後、国はどのようにして尖閣諸島や八重山諸島などの国境離島を保全し振興発展を図らなければならないかをディスカッションしました。

【スピーカー】
佐藤正久 参議院議員
山田吉彦 東海大学海洋学部教授
砥板芳行 石垣市議会議員


コメント(1)