八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
新しい年に向けて
2012/12/31 19:15:32 書庫 全般
もうすぐ新しい年になりますね。

今年を振り返ると、石垣市議会議員として2年目を迎えた平成24年は、入札制度や緊急患者輸送ヘリポート整備、経済政策や市のWEB広報広聴、尖閣諸島問題等で一定の成果をあげることが出来、年間を通した政治活動も充実したものでした。
ご指導ご助言を賜りました皆さまに感謝申し上げます。

市政に於いては、新たな沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)で、行政の事業立案の力量が問われましたが、数多くの事業を執行してきた中で、次年度に向けて新たな課題も見えてきたのではないかと思います。

政治に於いては、今年は県議会議員選挙や衆議院選挙がありました。
県議選挙に於いては、私の支持する候補者はあと一歩届きませんでしたが、八重山の抱える問題や課題を候補者の政策を通して、その解決策や地域の振興発展のあり方を多くの市民に訴える事ができたかと思います。
衆議院選挙では、3年4ヶ月間の民主党政権から、自由民主党と公明党による政権奪還を果たすことが出来ました。
これで、自公路線の市政・県政が国政と一緒となることで、本市の抱える問題課題が、市政を通してダイレクトに国政につながり、問題課題の解決、離島振興が大きく前進するものと思われます。

本市は、尖閣諸島を抱えるわが国最南端の市であり、わが国の安全保障上、常に最前線に立たされております。

尖閣諸島を巡り今年9月の国有化後、日中関係は日中国交正常化以降最大の試練を迎えております。
尖閣諸島は、歴史上も国際法上もわが国固有の領土でありますが、歴史上わが国固有の領土である所以は、古来より先人である琉球の人々が島々を活用してきていたからであり、近代に入り、本市で事業を営んでいた古賀辰四郎氏の開拓や先島の漁業者が漁を営んできたからです。
政府は尖閣諸島周辺海域で示威行動を常態化している中国公船への警戒態勢を強化し、同盟国との連携しながら国際社会に対しわが国の正当性を主張し、事態がこれ以上エスカレートしないよう務めて頂たいと思います。
一方で、国対国の対立は、両国の国民同士の相互理解を深めることでしか解決できません。
両国の国民が、双方の国を行き来し理解を深め国際秩序に則り共に発展できる一助として、わが国を代表するリゾート地である八重山諸島に来てもらう国際交流も積極的に行なっていかなければなりません。

来年、本市にはわが国最南端の国際空港となる新石垣空港が開港します。
国内のみならず、国外からも多くの観光客に来ていただける魅力ある島々になれるよう、市民の皆さまと共に頑張ってまいります。

平成25年が、皆さまにとりまして幸多き飛躍の年でありますようご祈念申し上げます。
 



コメント(0)

海保が尖閣専従部隊 長期化にらみ11管に巡視船増強
2012/12/24 11:14:03 書庫 全般
海保が尖閣専従部隊 長期化にらみ11管に巡視船増強

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121224/plc12122410000005-n1.htm

『(記事より)...増強された巡視船などは、沖縄県の石垣島にある石垣海上保安部を拠点にするという。』

尖閣諸島国有化後に中国公船の活動常態化に対応している海上保安庁は、全国から巡視船を集めてその対応にあたっており、遠くは北海道稚内の巡視船も派遣しているようです。




石垣港は、全国の港湾の中で入港船舶数が8位(国交省2010年度統計)の規模の港湾ですが、貨物船・エネルギー船・離島航路船舶や年々増えている外航クルーズ船で、現在の石垣港は狭隘になっています。

海保の増強とあわせ、国の港湾区分の重要港湾である石垣港を格上げし、多様な艦船に対応できるよう、新港地区岸壁の整備のスピードアップや沖合への展開も考えなければなりませんね。

コメント(0)

石垣市議会12月議会
2012/12/15 10:48:40 書庫 全般
1. 道路行政 平久保半島東道路の整備について


 
平久保半島東線については、昭和61年、平成11年の当市議会にて平久保半島東線の整備や県道への昇格の決議がなされており、当議会でも議員が何度か取り上げられております。
平久保半島伊原間以北への道路は、県道206号線のみで、昨年の東日本大震災以降、特に災害時の迂回道路としての整備の必要性が再認識されており、建設業協会八重山支部でも昨年、県に対して整備の要請を行なっております。
昨年の6月議会において私の一般質問でも取り上げさせて頂きましたが、その際の部長答弁で、『災害時の迂回路や避難路として整備するため、県道への昇格や市道、農道として整備の可能性について取り組んできたが、県道への認定基準や補助事業での採択要件を満足することが出来ないため、現在も未整備の状況である。
今後は、災害時の迂回路としての機能はもとより、広大な放牧場を利活用したグリーンツーリズム等、体験観光へ寄与できるように、環境派生型の道路、いわゆるエコロードとして保全、整備について調査・研究をしていく』と答弁しておりますが、その後市当局は、平久保半島東線の整備についてどのように取り組んできたのかをお聞き致します。
 
(当局答弁)

・新年度に沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)にて、調査費の計上を要求している。
・県道としてではなく、市道として環境に配慮したエコロードとしての整備を考えている。


2、機構改革について

すでに新聞以上でも報道されているように、石垣市では行政組織の機構改革を新年度から実施するようですが、この機構改革に至った背景、目的や方針についてお聞きしたいと思います。
また、市長就任時の肝いりで設置された「すぐやる課」を発展的解消とありましたが、その理由と機構改革にてどのような位置づけになるのかについてもお聞きしたいと思います。

(当局答弁)
・地方分権が進み、国・県からの権限委譲が進む中、多様なニーズに応えるために機構改革を行なう。
・「すぐやる課」のこれまでの業務は、公共施設の維持管理が主だったので、建設部に仮称「施設管理・すぐやる課」として移行させる。
・市政全般への窓口として市民生活課がその業務を行なう。

3、広報行政

つぎに広報行政の石垣市ホームページのリニューアルについてお聞きします。
石垣市ホームページについては、昨年の12月議会でも取り上げ、facebook等のソーシャルメディアの活用を提言させて頂きましたが、石垣市では今年9月からfacebookを導入し、効果を挙げていることは評価したいと思います。
しかしながら、石垣市のホームページ本体の構成自体が、いささか時代遅れで、他の自治体のように、市民が市のホームページで最も知りたい、くらしに関わるライフイベントなどが、ページの下の方にあり分かりにくい構成となっています。
今後、市民への情報の提供、観光やビジネスで本市を訪れる方々が、見やすくわかりやすいホームページに、根本から構成しなおさなければならないと思いますが、当局のお考えをお聞きしたいと思います。
 
また、今年9月から導入した石垣市のfacebookページの今後の運用についてもお聞きしたいと思います。
 
(当局答弁)
・すでに新ホームページは出来ており、市職員に公開を行なっており、早い時期に公開とする。


コメント(0)

朝鮮の弾道ミサイルに対処する自衛隊のPAC3の視察と隊員の激励
2012/12/08 18:40:41 書庫 全般
石垣港新港地区に配備されている、北朝鮮の弾道ミサイルに対処する自衛隊のPAC3の視察と隊員の激励を石垣市長と市議会議員有志で行いました。


南の島とは言え、冷たい北風と雨がパラつく中、小さなテントで寝泊まりしながら、陸上自衛隊と航空自衛隊の約600名の隊員が不測の事態に万全の体勢で備えていました。

自衛隊の皆さん、頑張って下さい!

4月の北朝鮮の弾道ミサイル対処では、石垣島へのPAC3の配備に10日程掛かったようですが、今回は準備命令から僅か2日で配備出来たようです。



PAC3が配備されている場所は、写真撮影禁止でしたので、集合写真とゲート前から撮影した写真のみです。

コメント(0)

新石垣空港開港に伴う現空港跡地への離島急患航空搬送用ヘリポート整備
2012/12/08 10:49:28 書庫 全般
市議会一般質問で取り上げていた、来年3月の新石垣空港開港に伴う現空港跡地への離島急患航空搬送用ヘリポート整備と運用体制がようやく決まりました。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/21443/

しかしながら、本格整備は平成25年度ということで、新空港開港から供用開始までは現在の滑走路を暫定使用となり、航空灯火関係は簡易的なものでの対応となることから夜間の離発着に制限が係らないか心配です。

新空港開港日は数年前から確定していたのに、整備まで暫定的な供用開始ということになっているのは、関係する行政の問題意識の欠如だと思います。

また、整備費を拠出する沖縄県はこのヘリポートの規模を、竹富町の島々にある海保のヘリが離発着できるヘリポートを想定しているようですが、石垣空港からの急患航空搬送は、海保の他にも自衛隊のCH47(チヌーク)を使用して那覇まで急患航空搬送を行ないます。
さらに、海難事故や災害時の使用も想定しなければならないことから、CH47やUH60、UH1が離発着できるヘリポートでなければならないと思います。

コメント(0)


[ 次の 2 件を表示 ]