八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
台湾訪問報告
2013/05/29 09:23:44 書庫 全般
5月23日から26日の間、八重山経済人会議のメンバーとして、大浜一郎代表他メンバー6名で、台湾を訪問致しました。

今回の訪問の目的は、台湾の航空会社である復興航空が、台湾最大の国際空港である台湾桃園国際空港と新石垣空港を結ぶ空路を5月23日から週2往復4便で開設することから、これまで石垣・台湾間の航空路線開設や経済交流を行なってきた八重山経済人会議のメンバーで、新石垣空港から台湾桃園国際空港行きの初便に搭乗し、台北市の復興航空本社にて、定期便化に向けた今後の課題や石垣市側の取り組みについての意見交換と石垣市の姉妹都市であり台湾を代表する漁港を抱える蘇澳鎮を訪問し、石垣市中山義隆市長の親書を蘇澳鎮の林騰煌鎮長に手渡し、今後の交流や懸案事項となっている日台漁業協定について蘇澳區漁會の陳春生理事長と意見交換を行なう事でした。



5月23日(木)午後3時過ぎ、台湾桃園国際空港から乗客約90名を乗せた復興航空GE686便、A320型機が新石垣空港に到着し、その乗客一行を石垣市中山義隆市長他、石垣市観光交流協会の方々が歓迎する中、我々はその折返し便にて台湾桃園国際空港に向かう搭乗及び出国手続きを行ないました。


今年3月7日開港した新石垣空港ですが、国際線用旅客ターミナルも同時に開港し、開港当日には復興航空がATR72型機で旧石垣空港と台湾花蓮空港間を結ぶチャーター便を引き続き就航させ、また韓国からも開港当日に試験的に大韓航空がB737-900型機、アシアナ航空がA321型機でチャーター便を就航させました。

新石垣空港開港後も復興航空が新石垣・花蓮空港を3月末までチャーター便を運航させ、石垣市内のリゾートホテルがチャーターしている台湾の華信航空のエンブラエル190型機を不定期で就航させています。
今回の復興航空が開設した新石垣空港と台湾桃園国際空港を結ぶチャーター便は、乗客160名乗りのA320型機での定期チャーター便として運航いたしますが、これまで、旧石垣空港含め新石垣空港では、160名乗りのA320型機の定期乗り入れは無く、新石垣空港国際線旅客ターミナルの搭乗手続きカウンターや保安検査場、出国手続きのスペース、搭乗待合室のキャパシティーが狭隘であり、地上業務の受け入れ体制を含め、今後増加が見込まれる国際線用ターミナルとしての機能は不十分であり、多くの課題が山積していると感じました。



我々を乗せた復興航空GE686便は、新石垣空港離陸後、飛行経路の関係から約1時間で台湾桃園国際空港に到着しました。
桃園国際空港は、台湾最大の国際空港であり世界各国の国際空港にネットワークを持つ空港ですので、空港には世界各国のキャリアの航空機が駐機しており、石垣から僅か270kmの距離にある台湾桃園国際空港間が、今回の復興航空による定期チャーター便就航で結ばれたことは、新石垣空港を活用した今後の更なる可能性を感じざるを得ませんでした。


台湾桃園国際空港で入国手続きを終えた我々は、手配していたバスにて、桃園国際空港から台北市内までの高速道路、2004年に開通した北宜高速道路を経由して約1時間半程で宜蘭県蘇澳鎮公所に到着、蘇澳鎮の林騰煌鎮長、蘇澳區漁會の陳春生理事長に石垣市中山義隆市長の親書を手渡し、今後の交流や日台漁業取り決めについて意見交換を行ないました。
 
石垣市の姉妹都市である台湾宜蘭県蘇澳鎮は、台湾を代表する漁業の街であり、日台漁業取り決めで締結された水域は、八重山の漁業者と蘇澳の漁業者双方の操業が認められる法令適用除外水域があり、この水域での操業ルールが策定されないまま取り決めが発効された事や日本側が主張していた水域の執法線の一部が台湾側に譲歩したことで、八重山の漁業者から強い抗議があり、取り決め発効後に、台湾の漁船が日本側の水域に侵入し水産庁の漁業取締り船に拿捕される事態が起きており、我々が訪問した日にも蘇澳鎮の漁船が鳩間島北北東の排他的経済水域内に侵入し水産庁の漁業取締り船に拿捕されていました。
 
大浜一郎代表は、蘇澳鎮の漁船が拿捕された件に触れ、このような時期なので指導を徹底して頂きたいと要請した上で、石垣市と蘇澳鎮の長年に渡る交流と信頼関係に基づく相互理解が不可欠であるという考えを述べた事に対し、蘇澳區漁會の陳春生理事長は、「これまでの交渉で、沖縄本島の漁業者より八重山の漁業者の方が理解があるように感じられた、早い時期に八重山の漁業者と蘇澳鎮の漁業者同士が双方を訪問して意見交換や交流を推進していきたい。」と提案し、大浜一郎代表は、その提案を石垣市中山市長と八重山漁協の上原亀一組合長に報告すると述べました。

 

翌朝、蘇澳鎮から台北市内に戻り、今回の定期チャーター便を就航させた復興航空本社を訪問し、担当の陳彦豪氏と意見交換を行ないました。




今回の定期チャーター便の就航で、台湾桃園国際空港から新石垣空港までの空路は、定期便扱いとなっているが、新石垣空港から台湾桃園国際空港までの空路は、チャーター便扱いとなっており、新石垣空港の国際線対応空港としての機能が不十分であり、現状ではFIT(個人手配の海外旅行)の受付も出来ない事から、復興航空の陳彦豪氏は、石垣市側から国土交通省やCIQ業務担当省庁や空港管理者である沖縄県に対して働き掛けを行い、現状の改善を求めるよう指摘が成されました。
尚、FITに関しては、復興航空側からは、今後3週間頃を目処に受付や発券が出来るようにしたいとの報告もありました。
また、7〜8月の繁忙期に掛けての宿泊施設に受け入れが厳しい状況にあることが指摘されましたが、台湾側の八重山に於ける宿泊施設の要求は、八重山でもグレードの高いリゾートホテルであり、国内旅行客からも人気のホテルで供給できる客室数に限度があることから、繁忙期の時期には、リゾートホテル、シティーホテル、ビジネスホテルでの対応等ができるよう、石垣市行政、八重山観光協会や観光事業者と台湾の航空会社や旅行代理店と、この機会を発展的に改善していくビジネスマッチングや受け入れ体制について協議する場を早急に設ける必要性を感じました。
 
復興航空との意見交換後、台北大同ロータリークラブの例会に特別に参加させて頂き、台北の経済界の方々と有意義な意見交換を行なうことができました。
 
今回の復興航空による台湾桃園国際空港と新石垣空港を結ぶ定期チャーター便の就航で、八重山JCが1990年に石垣台湾航空路線開設の運動を始めてから、八重山JCの要請による1995年のANKによるチャーター便就航、翌年のJTAによるチャーター便から、単発でのチャーター便就航、八重山経済人会議による運動により実現した復興航空の石垣-花蓮間のチャーター便就航や華信航空によるチャーター便就航があり、新石垣空港開港に伴い本格的に海外からの就航が実現しつつあります。
2400万人の人口を有する台湾は、2010年には、国民一人当たりGDP(購買力平価)では日本を追い抜いており、石垣島からわずか200km余の近距離にこのような有望なマーケットが存在していることを、今後の地域戦略として構築していかなければなりません。
しかしながら、新石垣空港の国際線受け入れ体制や機能共に現状では不十分であり、八重山観光も海外からの観光客に充分に対応していないことから、今後増加が見込まれる国際チャーター便や定期便化を計画している復興航空による台湾人観光客を呼び込む為の体制作りや復興航空の定期便化で、人・モノの流通が可能となり、台湾という大きなマーケットで、Made in Yaeyamaの物産を売り込むこれまで以上に大きなチャンスも期待されます。
この地域がこれまでに経験したことの無い、大きなチャンスを無駄にすることが無いよう、行政・経済界共に、最優先課題と位置づけ、地域を挙げて取り組む必要があると強く感じました。









コメント(1)

沖縄県祖国復帰41周年記念大会
2013/05/19 11:32:29 書庫 全般
宜野湾市民会館で開催された、沖縄県祖国復帰41周年記念大会に参加致しました。

悪天候でしたが、1300名余の県民が会場に訪れ、沖縄県の祖国復帰41周年を祝い、沖縄の抱える問題を未来思考で解決し、世界に誇れる沖縄づくりを決議しました。






コメント(0)

上下水道料金のコンビニ収納導入について...
2013/05/17 15:38:24 書庫 全般
市民から要望の多い...
石垣市の上下水道料金の支払いを、市内のコンビニで扱えないかを、石垣市内唯一のコンビニチェーンで、石垣市で18店舗を展開するココストア沖縄事業本部の方からお話をお聞きしました。

石垣市では、上下水道料金の支払いは、金融機関口座引き落としか指定金融機関での納付、または石垣市水道部窓口での支払いしか出来ませんが、金融機関の営業時間は、午後3時〜4時であり、石垣市水道部窓口での支払いも、午後5時15分までで、時間外(土日祝祭日)は扱っておりません。

夫婦共働き世帯の多い石垣市で、水道料金の支払いの為に金融機関や水道部まで行くには、就業先から外出の許可が必要となります...

コンビにでは、電気・電話やガス、自動車税や年金の支払いが出来るのに、上下水道料金のみコンビニ払いが出来ません。

沖縄県内で、上下水道料金をコンビニ払いができる県内水道事業者(地方公共団体により経営される地方公営企業)はまだありませんが、本土の市町村の水道事業者では、コンビニ払いを導入しており、石垣市の水道事業を行なっている石垣市水道部とメイン銀行から申請があれば、バーコード付きの納付書の発行で直ぐにでも取り扱いは可能とのことでした。

この件で、石垣市幹部から話を聞きましたが、システム導入に係る経費や口座振替をしている優良な利用者(?)との不公平感が云々と...訳のわからない事を言っており、では督促に係る経費や給水停止に係る経費を考えれば、市民の支払い易さや支払いに行く負担の軽減と徴収率の向上の観点から、この件をさらに調査し、来月の議会一般質問で取り上げたいと思います。

コメント(0)

尖閣諸島問題で連携を...
2013/05/10 12:49:14 書庫 全般
facebookの私の投稿記事より転載

昨日、沖縄本島の米軍基地がある市の市議会議員さんから電話がありました。
その議員さんは、「沖縄本島では、現在の尖閣諸島の危機的な状況は殆ど議論されず、議会に於いても尖閣諸島の事についての決議等の話は出てこない。このような状況に心を痛めており、何か行動を起こせないか...」という内容でした。

先月、石垣市議会の3月定例会で決議された、尖閣諸島関連の決議文を持って、政府と沖縄県に要請に行きましたが、県議会議長、県の担当者は、尖閣諸島の危機的現状や歴史的経緯を殆ど認識しておらず、石垣市議会議員からの、県や県議会がこのような認識であれば、オスプレイや普天間基地移設問題では、これ以上同調できない、一線を画す、という趣旨の発言に慌てていました。

米軍基地の過重な負担を強いられている沖縄本島ですが、隣国の脅威に晒されている八重山や先島諸島も同じ沖縄県...

沖縄本島や他の離島の市町村議員には、尖閣諸島の危機的状況や安全保障体制について、しっかりとした考えを持ち活動している議員も多いのですが、同調圧力の前にそのような活動は封印されてしまいます。
沖縄のマスコミの異常な報道姿勢や同調圧力に対抗していく為には、沖縄県内の市町村議員が行政区や党派を超えて連携していくことが必要かと思います。


八重山日報より

沖縄県内のマスコミでは…



コメント(0)

新石垣空港について...
2013/05/01 12:21:36 書庫 全般
facebookの私の投稿記事より転載


お昼の会議後、G.Wの新石垣空港ターミナルの混雑の状況を見た後、天気も良いので、滑走路横で飛行機を眺めていましたが...

新石垣空港の4基あるボーディングブリッジは全て埋まっており、到着したJTA機がボーディングブリッジが空くのを待機していました。


G.Wの繁忙期という事と、到着出発便の遅延があったのかもしれませんが、6月からのPeach就航、7月(?)からのスカイマーク就航...

さらには国際線就航を考えたら、オープンスポットを含むエプロンが足りるのか疑問に思いました。

先日、東京羽田空港から新石垣空港行きの直行便B767に乗りましたが、預けた荷物を受け取るターンテーブルは大混雑...
JTA&JALも、B767での運行を始めたら、さらに混雑するのではないでしょうか。


Tsuji その通りです。決定的にスポットもターンテーブルも足りませんし、PBBも各スポットに1基のみ。これではかなり厳しいと思います。それ以上に恐ろしいのは6日の出発セキュリティーの混雑です。
月曜日 19:32 · いいね!を取り消す · 3

Uehara 見学して空港の改善点はたくさんあります。異動してきては、那覇行きのフライトでも使わせてもらってるのでわかりますが、ターンテーブルをもう一つ増設、保安検査場を増設すべきなど色々改善点があります。先日ANAで石垣に戻ったとき、乗継や機材の遅れで30分遅れで到着したことを経験しています。那覇でも同様ですが、空港の混雑で遅れてしまうとビジネス客にとってはイライラしかねないですから(-_-;)
月曜日 19:40 · いいね!を取り消す · 4


片岡  鋭い分析、流石ですね。
月曜日 19:55 · いいね!


Yulika 結構お客さま少ないですよ、例年に比べても…搭乗率も低めです。新空港=忙しいという図式は今後は厳しいと思います。
月曜日 23:50 · いいね!


Yamamoto 日本の航空行政は超後進国です 自家用機はなるべく飛ばせないようにしているそうです
昨日 10:39 · いいね!


砥板 芳行 伊波さん
新石垣空港と台湾中正国際空港を結ぶ国際線も運航されるようです(^-^)/
16時間前 · いいね!


砥板 芳行 辻さん
G.W最終日の6日…空港の混雑状況を確認してきます。
1400〜1600辺りがピークですかね?
16時間前 · いいね!


砥板 芳行 Yoshitaka Ueharaさん
那覇空港の発着遅延は日常化してますからね…

新石垣空港の保安検査場の増設は必須ですね…
16時間前 · いいね! · 1


砥板 芳行 片岡所長
今日はありがとうございました。

災害時、那覇への急患航空搬送の観点からも、もう少しエプロンに余裕が欲しいですね。
16時間前 · いいね!


砥板 芳行 ゆりかさん

観光事業者の話では、昨年より良くなっていると言っていましたが…

搭乗率、インバウンド数を確認しましね。
16時間前 · いいね! · 1


Yulika 本日も直行便空席ありましたよ。知人が普通運賃でやってきました。本土直行便(今まではJALのみですが)はGWや連休は発売日に満席になるのが通例だったのでこの状況で普通運賃で来れる人がいるのにびっくりです。調べたら明日以降もANAには空きがありますね。対前年比だと増えていて当たり前ですので、本当は2008,9年ごろの入域データと比べないと意味がないと思います。ちなみに私が入域調査でかかわっていたのは2008年ですが(航路のみ)そのころに比べるとほぼ半減ですね。今年も離島観光は減少が続いているようです。
16時間前 · いいね!


Tsuji だいたいそんなものだと思います
16時間前 · いいね!


砥板 芳行 Jinさん
今後、チャーター便やプライベートジェット、リージョナルジェットは、更に増えて行くかと思います。
今後、世界ブランドのホテルの進出が見込まれるリゾート地ですから、そのような流れを取り組まなければならないんですが…
16時間前 · いいね! · 2

Tsuji 数年前まで、JTAが夏季だけJALから767を借りて、東京〜宮古を運航していましたが、石垣線には今のところそのような計画はないそうです。団体客は増えていても、個人客は横ばいもしくは若干減少という話も聞きますので、本当に魅力ある島にして行かなくては先行きは暗いと思います。
15時間前 · 編集済み · いいね! · 1


砥板 芳行 ゆりかさん
そうですよね、'11〜'12を比較対象にしてはダメですよね。
78万を記録した'08〜'09を比較対象にしなければなりませんが、その時とは旅行形態、世代移行ともに大きく変わってきていますので、さらに踏み込んだ調査が必要かと思います。
このような調査も、一括交付金で出来るかと思いますが…
企業の経営-事業分析同様、実態把握なくして戦略はつくれませんね(^_^;)
15時間前 · いいね! · 2


Yulika そうなんですよ。八重山全体のきちんとした実態調査の必要があるのですが、各行政は中々人材がいないのかなんなのか…うちは周りにそういったノウハウ持った人が結構いるので予算さえつけば今年度からでも開始できるのですが…(雇用にもつながるし)砥板さんのほうで県関連の予算、なにか探せませんか?結構急務だと思うんですよね…
15時間前 · いいね!


砥板 芳行 辻さん
まさにその通りだと思います。
那覇空港は、LCC効果はかなり出てきているようですよ。
LCCを利用する個人客のニーズをしっかり把握しなくてはなりませんね。
15時間前 · いいね! · 2


砥板 芳行 ゆりかさん
行政は、少ない職員で切り盛りしているので、そういう方々で調査-戦略構築まで持っていきたいですね。
八重山観光は、行政を跨ぎますので、沖縄県、OCVBに当たってみます。
15時間前 · いいね! · 1


Yulika よろしくお願いいたします。体制は整いつつありますよ。別事業で西表島に関する満足度調査を行う予定はありますが、本当は八重山全体やりたいと考えています!
15時間前 · いいね! · 1


コメント(0)