八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
新港地区の名称と辺野古移設への抗議決議について...
2013/12/20 00:30:08 書庫 全般
昨日の石垣市議会最終本会議にて、私が副委員長を務めている建設土木委員会に付託された、新港地区の名称について...

市民から答申された名称に多くの意見が出されていること、選考委員会の選考経過に疑問があることから、継続審議とすることが委員全員の承認で決定しました。

登野城地区の前の海を埋め立てた70haの新港地区の名称選考は、所管する石垣市港湾課が市民から公募を行った結果、130余の応募があり、選考委員会にて石垣市民以外からの応募の90余を不採用とし、1次選考、2次選考、最終選考を経て、「南ぬ浜町(ぱいぬはまちょう)」という名称が採用され、石垣市に答申がなされました。

石垣市は答申を受け、市議会に「新たに生じた土地の名称」という議案で上程し、委員会審議を何度か行ないましたが、上記の理由にて継続審査となりました。

私は、市民からの公募による名称が選考委員会を経て答申された事に対しては、それはそれで尊重いたしますし、方言を否定するものではありませんが、以下の異議を申し上げました。

〇方言読みをその意味である漢字表記にしている事で、石垣市以外の方が住所記載での誤記やローマ字表記での誤りを起こしてしまうのではという懸念。

〇地名にはその地域や人々の伝統や文化、風習、信仰等の由来があるべきであり、選考委員会に、新港地区を前にしている登野城地区の方々や漁業者、市史編纂に携わった方々も加えるべきであったのでは。

〇石垣港は、外航クルーズ船寄航数で全国4位に位置する港であり、新港地区では現在、7万トン級〜10万トン超級の外航クルーズ船バースの整備も進められており、アジアゲートウェイ構想の拠点づくりを進める石垣市の海の玄関口としてふさわしい名称であっても良いのでは。

〇選考方法の絞込みのあり方に疑問がある。

今後、議会委員会主催による市民公聴会等を開催することも検討すべきだと思いますが、継続審議でより多くの市民意見を集約し、議会の決定を行ないたいと思います。


また、昨日の最終本会議にて議会運営委員会で否決された「(普天間基地移設)辺野古移設を進める政府への抗議決議」が、議員動議として上程され、革新系議員に与党から公明党の議員、無所属の議員の賛成により僅差で可決されました。

自民党所属議員は全員反対をしましたが、私は反対討論を行い、「普天間基地移設計画の原点は、普天間基地の危険性の除去であり、その原点に返り全ての選択肢を排除すべきではない。
現在、普天間基地の移設先とされている名護市では、年明けに市長選挙が控えており、現在のところ、反対を表明している現市長の他、容認の候補、推進の候補が立候補する事になっており、この時期に石垣市議会が決議をすることは名護市民に影響を与えてしまう。
また、普天間基地を抱える宜野湾市の佐喜真市長、隣接する浦添市の松本市長は、現在の計画が硬直化し固定化の懸念が成されている状況下で公約を撤回し事実上容認した。
公約変更に対しては有権者への説明責任を果たさなければならないが、危険な基地を抱えている地域の方々への配慮も必要であることから、今の時期に石垣市議会が無責任な抗議の意見書を行うことには反対する。」と反対討論を行なわせて頂きました。

コメント(0)

石垣市議会12月定例会一般質問
2013/12/19 15:33:38 書庫 全般

石垣市議会12月定例会にて、12月16日に一般質問を行ないました。
今定例会は、中山市長1期目の最後の定例会であり、一般質問の最後の質問者となりましたので、持ち時間の最後に中山市長に市政発展への思いを述べていただきました。

中山市長の最後の答弁「幸せについては人それぞれかもしれませんが、石垣市に住むお人お一人が、この島に住み続ける限り、今は悩みや苦しみがあるけれども、未来に向けて夢や希望を抱き続けることができること、そう思える方が多くいるまちが、幸せあふれるまちであることだと思います。石垣市を日本一幸せあふれるまちにする為、先人から受け継いだこの石垣市を後世に受け継ぐ為、今後とも全力で走り続ける所存である。」と力強く述べました。



一般質問要旨

1、 海浜レジャーの安全対策について
(1)           米原海岸の市の位置づけについて
(2)           安全対策
(3)           民間との連携
 
石垣島は、海と於茂登山をはじめとする陸域の自然が織り成す亜熱帯気候ならではの美しい自然が最大の魅力であり、市民や多くの観光客が、多種多様のサンゴ礁と海洋生物を観察することの出来る海浜レジャーを楽しんでいますが、今年は、水難事故が過去を上回るペースで発生しており、とりわけ、多くの市民や観光客が最も多く訪れる米原海岸に於いて、離岸流(リーフカレント)に巻き込まれる水難事故、死亡事故が起きています。
平成19年に八重山ビジターズビューローが行なった、「八重山観光の動態及び波及効果等調査報告書」によると、本市のビーチで最も来訪者が多いのが、米原海岸であるとの報告がなされています。
しかしながら、実際の米原海岸における安全対策は充分ではないという言葉では足りない程、行政による安全対策が講じられておらず、米原海岸近くの民間の方々が行なっているボランティアによる安全対策に依存している状況であります。
このことから、(1)米原海岸の市の位置づけについて、(2)安全対策、(3)民間との連携についてお聞き致します。
 
2、 観光行政
(1)           石垣-台湾(桃園)間航空路線運休について
?    通年運航への取り組み
?    台湾での観光PRの取り組み
本年3月7日、待望の本格的ジェット化空港である南ぬ島石垣空港が開港し、同時に国際線に対応可能な施設も整備され、開港後から台湾の航空会社である復興航空と台湾のフラッグキャリアである中華航空傘下の華信航空による南ぬ島石垣空港と台湾の空の玄関口である桃園国際空港間を結ぶ国際定期チャーター便がそれぞれ週2往復4便の計4往復8便が就航し、いよいよ本市の目標としているアジアゲートウェイ構想に向けて大きく前進すると大きな期待が寄せられていましたが、就航後わずか半年も経たずに、冬季の運航を休止してしまいました。
運休の理由として、台湾の航空会社2社は、本市の冬季観光資源が乏しい等の理由をあげておりましたが、私が実際に、今年5月と先月11月に、台湾の航空会社2社を訪問し、意見交換を行なったところ、本市の受け入れ体制やビジネスマッチング不足、調整不足等が多くあると感じました。
このことから、?通年運航への取り組み、?台湾での観光PRの取組みについてお聞き致します。


(2)           来年度クルーズ船寄航について
?    来年度のクルーズ船寄航の見通しについて
?    ポートセールスへの取組みについて
 
近年、世界とりわけアジアで人気が高まっている、クルーズ船による観光ですが、本市は全国の港湾でも外航クルーズ船の寄航数が上位に位置づけられる人気の寄港地であり、いまや本市の観光産業で重要なシェアを占めるものとなっております。
今後ともクルーズ船寄港地としてのニーズに応える為、今月2日には、国土交通省の交通政策審議会港湾分科会の審議に於いて、「石垣港におけるクルーズ船の寄港回数が13年は過去最大の65回の入港が見込まれ、今後も増加傾向にあることから、クルーズ船の大型化や需要増大に対応するため「ターミナル機能の拡充はアクセスの利便性向上を図る」との方針も含めた港湾計画の改訂が「適当」と議決され、太田国土交通大臣に答申されることから、?来年度のクルーズ船寄航の見通しについて、?ポートセールスへの取り組みについてお聞き致します。
 

Video streaming by Ustream


コメント(0)

スカイマークをもっと応援しましょう!
2013/12/06 01:33:04 書庫 全般
夜間飛行のスカイマークの機内...
淡いブルーのLED照明が心地いいです。

スカイマークは最新鋭のB737NG(-800)を、ボーイング社から新機で購入して運航していますが、B777〜787に至る技術が反映されている新機種ならではの機内の湿度や防音性、革張りのRECARO社製シート等、機内の快適さはホントに素晴らしいです。

石垣島から沖縄本島、本土へ渡る唯一の交通手段である空路の価格に革命を起こし、島民の生活路線である空路移動の負担軽減を行なったスカイマークをもっと応援しましょう(^^)/

石垣空港にスカイマークが就航してから、空路移動は基本...スカイマークにしています。




コメント(0)

中国の防空識別圏への抗議決議
2013/12/04 17:00:00 書庫 全般
本日開会した石垣市議会12月定例会にて…

私の議員提案で上程した、中国の尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏設定に対する抗議決議及び我が国政府に対する意見書が、全会一致で可決されました。

質疑では、共産党の市議から、『尖閣諸島は、歴史上も国際法上も我が国固有の領土であるという事を、しっかり文面に書くべきである』との指摘を受けましたので、その文言を盛り込みました。

コメント(0)