八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
海上自衛隊練習艦隊 石垣港入港
2014/03/31 10:29:05 書庫 全般


コメント(0)

一般社団法人八重山青年会議所へ移行
2014/03/30 11:05:33 書庫 全般


コメント(0)

南ぬ浜町...
2014/03/29 00:30:32 書庫 全般
昨日の石垣市議会本会議にて、昨年の12月議会で建設土木委員会にて継続審査となっていた、新港地区の名称が「南ぬ浜町(ぱいぬはま)」で承認されました。

私が副委員長を務めている建設土木委員会が所管でしたが、新港地区を新たな土地として石垣市に編入する為に、町名選定委員会に諮問し議会に答申がなされましたが、答申された町名に、「方言に当て字をすることで間違い等がおきないか」「隣接する漁業者や公民館や所縁のある方の意見を聞くべきでは」「多くの市民にこの町名についてどう思うかなどの公聴会を開くべきでは」「選定方法に疑問がある」などの意見が出たため、当局に再度検討するように指摘し、12月議会では継続中の審査として結論を持ち越しました。

町名が答申された事が新聞記事になったことで、多くの市民からも疑問の声が多数寄せられており、その間、新聞紙上でも答申された町名に対して疑問の記事も報じられていました。

今回の3月議会で継続中の審査として再度審査が行われましたが、昨年の議会委員会で継続となった事、その際に当局に上記のことを検討するように指摘したにも関わらず、当局は広く市民や有識者からの意見を集めること等はせず、選定委員会を再度召集し、選定委員会での決定の再確認を行うだけで、その再度召集された選定委員会では、「(諮問された)選定委員会が決定したのだから議会がとやかく言うのはおかしい」等、市民の負託を受けている議会委員会で継続審査となった事の重みを、副市長や市幹部が委員にいたにも関わらず真摯に受け止めておらず議会軽視だと判断したため、委員会での採決では反対を行いました。
委員会での採決では、可否同数で委員長が賛成に廻った為、委員会承認となり、昨日の本会議に上程され、所管した委員会の副委員長を務めていた私は、委員会で結論が出ているので、本会議採決では棄権と致しました。

石垣市が諮問する各種委員会...そのいずれもが、毎回ほぼ同じメンバーで、それを市民から広く意見を公聴したとされる諮問委員会のあり方を考え直して頂きたいと思います。

ちなみに...
私が住んでいる浜崎町も埋立地で、新たに石垣市に編入する際に町名が決められましたが、その町名の由来を私が聞いたところによると、この地がまだ海だったころ、この海域で船の座礁事故や当時の大型船の火災の事故も発生してことから、鹿児島出身で石垣島で鰹節工場などの事業を行っていた実業家の「浜崎さん」という方が、私財を投じ灯台等を建設し船舶や漁業者の安全に尽力されたからだそうです。

今でも「浜崎の奥さん」という愛称で市場や居酒屋で提供されている有名なお魚(トガリエビス)がありますよね...
この魚は、浜崎さんの奥さんが、いつも市場でこの魚を買っていたことから、この愛称がついたようですよ。

市民に親しまれる町名を付けるには、このような歴史やエピソードがあっても良かったのではと思います。
「南ぬ島石垣空港が開港したから、南ぬ浜町」というのはちょっと...寂しいですね。


コメント(0)

石垣市議会3月定例会 一般質問
2014/03/24 00:30:16 書庫 全般

本日の一般質問を終えました。

1番目の市主催のイベントについてですが、市主催のイベントが年間大小あわせて90件近くもあり、市の職員が企画立案から運営まで行っている状況では、本来の行政職員がやらなけれればならない職務に支障をきたす事から、個々の事業を検証し、イベントの見直しと民間への移管を行うべきだとする質問に対しては、当局は現状の問題点を認識しており、改善を行うとの答弁。

2番目の質問は、石垣市観光施設の再整備計画について、米原キャンプ場の整備に焦点をあて質問を行いました
米原の貴重な自然環境の保全を念頭に、既存施設の改修・修繕を行い、米原地域の方々との意見調整を反映させた計画とするよう要望しました。

3番目の質問は、需要が高まり供給が追いつかなくなっている石垣島産和牛の供給体制強化についてでした。
石垣牛をはじめとする石垣島産和牛の肉質・ブランドの向上で、品薄状態になっている石垣島産和牛の供給体制を強化するため、石垣牛のみならず他のブランド牛の普及拡大、肉用牛以外の活用や養豚業の振興策に取り組むよう要望いたしました。

他、尖閣諸島問題等...


コメント(0)